エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市政情報経済・産業農業 › 親子で農業体験

ここから本文です。

平成29年度 親子で農業体験

更新日 平成29年9月6日ID番号 K15497

第2回親子で農業体験

 平成29年9月2日(土曜日)に開催した「親子で農業体験」に18組の親子が参加しました。今回は桃山町にある尾関農園と後藤サボテンを訪問し、市の特産物である「ぶどう」と「サボテン」について学びました。

ぶどうの収穫体験

ぶどう収穫体験

ぶどう収穫体験

ぶどう収穫体験

ぶどう収穫体験


 尾関農園では、ぶどうの収穫方法等について説明を受けた後、実際にぶどうの収穫体験を行い、収穫したぶどうの糖度を測定して、一房のぶどうの中で、実のなる位置によって糖度が異なるかを調べました。

サボテンの寄せ植え体験

サボテン寄せ植え

サボテン寄せ植え

サボテン寄せ植え

サボテン寄せ植え


後藤サボテンでは、サボテンの特徴を始め、サボテンの進化や歴史についての説明を受け、参加者は興味深く聞き入っていました。その後、親子でサボテンの寄せ植えを体験したり、サボテンの和え物などを試食しました。

 次回の「第3回親子で農業体験」は、10月28日(土曜日)に稲刈り体験を行う予定です。

第1回親子で農業体験

開会式

親子で農業体験開会式


親子で農業体験開会式その2

 「親子で農業体験」は農業体験を通して自然の恵みや豊かさを実感するとともに、市内の生産者との交流を通して食に係る人への感謝の心を育むことを目的としたイベントです。

 開会式では、伊藤太市長とJA尾張中央の長谷川浩敏代表理事専務から挨拶があった後、出席した親子が順番に自己紹介しました。その後、JAの江本営農技術指導員から米作りや田植えについての講義が行われ、参加親子は熱心に耳を傾けていました。

田植え

田植え体験

田植え体験

田植え体験

田植え体験


   梅雨晴れのもと、参加親子は泥の感触を楽しみながら田んぼに入り、最初は慣れない手つきで稲を植えていましたが、JAの職員のアドバイスを聞き、どの親子も次第に慣れ、あっという間に植え終わりました。                                           
 田植え体験を終えた後、自宅で稲の育つ様子を観察できるよう、「バケツ稲づくりセット」を配付しました。

関連情報

お問い合わせ先

産業部 農政課
電話:0568-85-6236
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。