エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド防災・安全防災 › 春日井市徒歩帰宅支援マップ

ここから本文です。

春日井市徒歩帰宅支援マップ

更新日 平成29年2月2日ID番号 K6734

徒歩帰宅支援マップとは

 東海地震の警戒宣言発令時や突発地震等が発生し、公共交通機関が停止した場合に、徒歩で帰宅する方を支援するため、徒歩帰宅支援ルートや、トイレ提供などの支援を行うコンビニなどの徒歩帰宅支援ステーション、公園等の避難場所や小学校等の避難所の位置などを掲載したマップです。

配布・掲示場所

警戒宣言発令時に以下の場所で掲示・配布されます

・徒歩帰宅支援ステーション
・滞留者が予想される主要駅
・市のふれあいセンター など

支援ステーションの支援内容

徒歩帰宅支援ステーションにおける支援内容は、各支援ステーションにおいて可能な範囲での支援となります

・徒歩帰宅支援マップの配布
・水道水の提供
・トイレの使用
・ラジオ等から流れる情報の提供 など

マップの種類

市内版と市内近郊版の2種類を作成しました

※最新の避難場所及び避難所については、こちらの「春日井市地震防災マップ」にてご確認ください。

みんなで考えよう徒歩帰宅対策

・徒歩で帰宅することとなっても慌てなくても済むように運動靴・水・食料・地図の準備や交通機関の情報の入手手段について検討しておきましょう。
・会社や学校などでは、東海地震注意情報が発表された段階から帰宅行動が開始できるよう対策を考えましょう。
・このマップを参考に自分自身の帰宅経路や事前に何を準備すればよいか日頃から考えてみてはいかがでしょう。

災害時徒歩帰宅の心得

1.話し合おう 連絡手段と 帰る道
2.備えよう 防災グッズに 帰宅地図
3.職場のロッカーに スニーカー
4.注意情報(東海地震) 早めの帰宅が 身を守る
5.帰宅路へ 注意情報(東海地震) 出たらすぐ
6.無事な声 聞かせて 伝言ダイヤル(171)で
7.欠かさない 携帯ラジオで 情報を
8.徒歩帰宅ルート みんなで帰ろう 助け合おう
9.街の中 上下左右も 気を付けて
10.帰る道 グラッときたら 広い場所
11.落ち着いて デマや噂に 要注意
12.支援ステーション(コンビニなど)もらう情報 伝える現状

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

お問い合わせ先

総務部 市民安全課
電話:0568-85-6072
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。