エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド文化・スポーツ春日井の歴史と文化財市内の指定・登録文化財 › 登録有形文化財(建造物)の登録について

ここから本文です。

登録有形文化財(建造物)の登録について

更新日 平成28年11月29日ID番号 K27825

登録有形文化財(建造物)の登録のお知らせ

 旧中央線玉野第三隧道、旧中央線玉野第四隧道、旧中央線笠石洞暗渠の3基が国の登録有形文化財に登録されました。
 これは、国の文化審議会(会長 馬渕明子)から文部科学大臣に登録有形文化財への答申がなされ、平成28年11月29日付け官報告示で登録されたものです。
 春日井市では初めての登録となります。

1 名称等
・名 称 旧中央線玉野第三隧道、旧中央線玉野第四隧道、旧中央線笠石洞暗渠
・所在地 愛知県春日井市玉野町字東谷1664番1他
・種 別 土木構造物
・員 数 3基
・所有者 特定非営利活動法人愛岐トンネル群保存再生委員会

2 登録理由等
・登録理由

旧中央線玉野第三隧道

官設鉄道の標準例に則った単線仕様の馬蹄形断面で、煉瓦造の躯体
である。
(登録基準:再現することが容易でないもの)

旧中央線玉野第四隧道

煉瓦造の隧道で、煉瓦造の坑門上部には笠石など石積の装飾を施す。
(登録基準:再現することが容易でないもの)

旧中央線笠石洞暗渠

線路を盛土して築堤した際に、沢水を通すために造られた煉瓦造の
暗渠で、立坑を併せ持つ。
(登録基準:再現することが容易でないもの)


・概要

名 称

構造、形式及び大きさ

建設年代

旧中央線玉野第三隧道

煉瓦造、延長76m、幅員4.6m

明治33年

旧中央線玉野第四隧道

煉瓦造、延長75m、幅員4.6m

明治33年

旧中央線笠石洞暗渠

煉瓦造、延長11m、幅員1.2m

明治33年
昭和32年改修


 

旧中央線玉野第三隧道

旧中央線玉野第三隧道 西坑門正面外観 西坑門正面外観

旧中央線玉野第三隧道 東坑門正面外観 東坑門正面外観

旧中央線玉野第四隧道

旧中央線玉野第四隧道 西坑門正面外観 西坑門正面外観

旧中央線玉野第四隧道 東坑門正面外観 東坑門正面外観

旧中央線笠石洞暗渠

旧中央線笠石洞暗渠 集水路立坑内部 集水路立坑内部

登録文化財の制度について

 従来の文化財指定制度(国の指定)を補完する新しい保護手法として、平成8年の文化財保護法改正により導入されました。これは、建物の外観を残せば内部の改修を自由に行うことができるなど、文化財建造物を活用しながら保存するという保護制度です。
 登録の対象となるものは、建築後50年を経過した建造物のうち、次のいずれかの基準に該当するものです。
1 国土の歴史的景観に寄与しているもの
2 造形の規範となっているもの
3 再現することが容易でないもの
 また、建造物とは住宅・工場・社寺・事務所等の建築物、橋梁・ダム・トンネル・堤防・水門等の土木構造物や煙突・塀などの工作物が該当します。

お問い合わせ先

教育委員会 文化財課
電話:0568-33-1113
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。