エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド文化・スポーツ › 道風記念館

ここから本文です。

道風記念館

更新日 平成28年11月22日ID番号 K22667

バリアフリー情報表示: 車椅子専用駐車場あり 出入口フラット 自動ドアあり 車椅子常備 障がい者用トイレあり クリックするとアイコンの説明画面が新規ウィンドウで開きます。

書の美術館 春日井市道風記念館

春日井市道風記念館外観

 春日井市には、古くから小野道風の誕生伝説があります。南北朝時代に記されたと思われる書の奥義書『麒麟抄』を最古とし、『塩尻』(天野信景著)など、いくつかの資料にみられます。文化12年に尾張藩の学者、秦鼎の撰文によって建てられた小野朝臣遺跡碑によると、18世紀末には、この土地で道風生誕が信じられ、顕彰活動がおこなわれていたことが知られます。
 春日井市では、書聖小野道風の偉業をたたえ、末永く後世に伝えたいと、昭和56年11月1日、道風誕生の地と伝えられ、小野朝臣遺跡碑の建つ松河戸町に春日井市道風記念館を開館しました。全国的にも数少ない書専門の美術館として、また書道史の研究施設として、書道文化の一層の向上発展に貢献することを目的とした事業を展開しています。

 

道風記念館紹介

お知らせ

臨時休館について

年末年始の休館
平成28年12月29日(木曜日)から平成29年1月3日(火曜日)まで

展示替えのための休館
平成29年2月6日(月曜日)から7日(火曜日)まで

 

常設展

平安時代の能書である小野道風をはじめ平安時代の書を、精巧な複製品やパネルでご紹介しています。

常設展示室

メイン展示室 開催中の展覧会

展示風景

道風記念館館蔵品展「墨色のあじわい」

平成28年11月23日(水曜日)から平成29年2月5日(日曜日)まで

 墨は、松の木や菜種油などを燃やして煤を集め、膠を加えて練り固め、乾燥させたものです。
墨の色というと、多くの人が黒色を想像するでしょう。しかし、淡い墨で表現された書も多くありますし、単に黒色といっても、赤系や茶系、青系など、いろいろな違いがあります。特に淡墨では、その色の違いがより明瞭にわかります。墨の原料や製法、墨の磨り方など、様々な要素が関係して多彩な墨色が生み出されるのです。
 館蔵品展「墨色のあじわい」では、墨色の美しい近現代書作品をご紹介します。書家が生み出すあじわい深い墨色、墨量や運筆速度の変化による濃淡、滲みとかすれとの対比などの美しい書作品をご鑑賞ください。
 
展示品の作者
鈴木翠軒   安東聖空   伊藤東海    平尾花笠    石橋犀水
田中塊堂   恒川樵谷   内田鶴雲    桑田笹舟    西谷卯木
藤根星洲   藤田東谷   山本南陽    宮本竹逕    阿部珂山
岡本白濤   二宮柏龍   萩原冬みん    堀田翠堂    高橋秀岳
小川蘇香   小島碧雲   松下芝堂    佐々木がん邦   石川小歩
高木大宇   吉田成堂   松本大鵞    長谷川清城
 
 
展示品解説

日時 平成28年12月4日(日曜日)、平成29年1月29日(日曜日)
    10時30分から11時まで、14時から14時30分まで

学芸員が初心者向けに展示品の解説をします。一緒に鑑賞しましょう。
事前予約は必要ありません。観覧料のみでご参加いただけます。

 

メイン展示室 これからの展覧会

館蔵品展「書の魅力」

平成29年2月8日(水曜日)から平成29年4月16日(日曜日)まで

展示品解説

日時 平成29年2月19日(日曜日)、3月5日(日曜日)
    10時30分から11時まで、14時から14時30分まで

学芸員が初心者向けに展示品の解説をします。一緒に鑑賞しましょう。
事前予約は必要ありません。観覧料のみでご参加いただけます。

 

2階展示室の展覧会

尾教研書写作品コンクール春日井地区作品展

平成28年12月1日(木曜日)から11日(日曜日)まで

  主催:尾教研愛日支部、尾教研書部門春日井地区

 

第81回県下児童・生徒席上揮毫大会作品展

平成28年12月22日(木曜日)から平成29年1月9日(月曜日)まで

 

お問い合わせ先

文化スポーツ部 道風記念館
電話:0568-82-6110
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。