エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

子はかすがい、子育ては春日井

ID番号 K24509

春日井市は、「子はかすがい、子育ては春日井」宣言を行い、“子育て支援のさらなる充実”と、“ママ自身の活動やリフレッシュを応援する体制づくり”を進めています。この宣言に基づき、子育て施策の一層の充実を図り、子育て世代を始めとする全ての世代の「暮らしやすさ」の向上につなげていきます。

子育て情報発信サイト「HappyMam's」

子育て情報発信サイト「ハッピーマムズ」

子育てに必要な情報を分かりやすく発信するため、NPO法人との協働により、新たな子育て情報発信サイト「春日井ハッピーマムズ」を開設しました。
子育て関連イベントの情報を一元化
市だけでなく、NPO法人や子育て支援団体などが開催するイベント情報を一覧で表示します。
イベント体験レポート
子育て中のママが実際にイベントを体験し、その様子をレポートします。
写真ギャラリー
子育てに関連して撮影された親子の写真が掲載されます。

ママインターン

ママインターン

「就労したいがきっかけがない」「働こうと思うが、子どものことが気になる」「働く意欲はあるが、漠然とした不安がある」など、育児も家庭のこともしっかりとやりたい子育て中のママの就業体験を支援する事業です。
「子育てしながら働きやすいまち」を目指し、NPO法人や市内の協力企業と協働して進めています。

ママハッピー度調査

ママハッピー度調査

新たにスマートフォンやパソコンによるアンケート調査システムを導入しました。アンケートにはアニメキャラクターが登場し、物語の中で会話をするように回答することができるようになっています。
このシステムにより、子育て世代に向けたアンケート「ママハッピー度調査」を行いました。977 人の回答者のうち、63%の人が春日井を「子育てしやすいまち」と回答しています。
アンケート結果は、市ホームページで見ることができます。
今後も定期的に調査を行い、「ママハッピー度」の向上を目指していきます。

子育て支援コミュニティカフェ

子育て支援コミュニティカフェ

身近な公立保育園を会場に、保護者が乳幼児と気軽に集い、情報交換や交流ができるコミュニティカフェを平成28年度より実施しています。親子で一緒に遊ぶ場所を提供したり、保健師や保育士が育児相談を受けたりしながら、地域で子育ての手伝いをしていきます。

子育て家庭訪問支援事業(ノックノックホームサポート)

育児についての不安があるママや日中に独りぼっちで育児をしているママの元に、専門家ではないけれど、育児経験があり研修を受けた「先輩ママ」が訪問する事業です。

保育施設の拡大

認定こども園を1 園、小規模保育事業所(0 ~ 2 歳の乳児を対象) を10 園開園しました。

妊産婦ケア(デイサービス) 「さんさんルーム」

妊産婦ケア(デイサービス) 「さんさんルーム」

出産直後のママは、身体へのダメージや、母乳育児がうまくいかない、子どもとの接し方が分からないなどの不安を抱えています。また、赤ちゃんの夜泣きによる睡眠不足などにより、子育てによる慢性的な疲れを感じています。

総合保健医療センターの「さんさんルーム」では、赤ちゃんを別室で保育士に預けながら、お風呂やシャワーなどを備えたリラックスルームでゆっくりと休めます。

また、保健師、栄養士などに不安を相談することもできます。

待機児童ゼロへ、子ども医療費助成も中学生まで拡大

待機児童ゼロへ、子ども医療費助成も中学生まで拡大

春日井市は、子育て支援や保育サービスの充実を図っています。

保育園の建替えに伴う定員の拡充や認定こども園の整備支援により待機児童を解消するなど、働く女性のニーズに応え、子育て環境の整備を進めています。

入院・通院ともに子ども医療費の助成を中学3年生まで拡大しており、お子様が病気やけがのときでも安心です。

子育て支援施設がそろっているほか、こんにちは赤ちゃん訪問や子育てサポートキャラバン隊など、子育て中の家庭を地域で見守る活動が盛んで、安心して子どもを育てられる環境が整っています。

安全で健やかに育つ教育環境

書道科

子どもたちが良質で快適な環境で学習するために、すべての小中学校の普通教室にエアコンを完備しています。

小学校の「校庭の芝生化」も順次進めており、子どもたちが芝生の上で伸び伸びと運動できるような教育環境を整備しています。

特色のある学校づくりでは、全国でも先進的な出川小学校におけるICTを活用した授業や、子どもたちの表現力の向上を図る書道科の開設など、豊かな心を育む教育の機会を提供しています。

児童の放課後の居場所として、「子どもの家」や「なかよし教室」も充実しており、共働き家庭などの児童に限らず、すべての児童が放課後に多様な体験や活動を行うことができます。


校庭芝生化

いじめや不登校など学校や教育に関する相談体制も、専門的なアドバイザーを配置する「保護者と学校のかけはし事業」を県内でも先駆けて実施するなど、子どもが家庭や学校、地域に見守られながら、いきいきと成長できるまちづくりを進めています。

春日井暮らし

春日井暮らし

春日井市観光コンベンション協会が、春日井移住定住サイト「春日井暮らし」において、春日井の魅力を紹介しています。
名古屋駅まで最短約17分。家族みんなが、ずっと住まえる場所。こどものために、自分のために、まちを選ぶ。はじめませんか「春日井暮らし」。