資産税 よくある質問

ページID 1000891 更新日 平成29年12月12日

印刷大きな文字で印刷

質問土地や家屋の所有者が死亡した場合、固定資産税の取り扱いはどうなりますか?

回答

死亡した年度の課税については資産税課にお問い合わせください。
翌年度以降の固定資産税の課税にあたっては納税義務者を認定し課税することとなります。12月末日までに登記が完了した場合は、登記された新しい所有者が納税義務者となります。12月末日までに登記ができない場合は、賦課期日(1月1日)現在の所有者を認定するため届け出が必要となります。資産税課に「相続人代表者指定届」を提出してください。なお、相続人代表者指定届を提出しても所有権移転はされません。
相続人代表者指定届は次のページからダウンロードできます。

このページに関するお問い合わせ

財政部 資産税課

電話:0568-85-6101
財政部 資産税課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。