エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド福祉・介護各種福祉手当等 › 子育て世帯臨時特例給付金

ここから本文です。

子育て世帯臨時特例給付金

更新日 平成27年11月4日ID番号 K23250

平成27年度子育て世帯臨時特例給付金の申請受付は10月30日(金)で終了しました。

 平成27年度の子育て世帯臨時特例給付金については、次のとおりです。

平成27年度子育て世帯臨時特例給付金

 消費税率引上げの影響等を踏まえ、子育て世帯に対して、臨時特例的な給付措置として、「子育て世帯臨時特例給付金」を支給します。

給付の内容

(1)給付額
 対象児童1人につき3千円(1回限り)

(2)支給対象者
 ・平成27年5月31日に春日井市に住所を有する方で、平成27年6月分の児童手当の受給者
 ・平成27年5月31日に春日井市に住所を有する方で、児童手当の認定請求の手続きが遅れたこと等により、平成27年6月分の児童手当の受給ができない者であると市が確認できる者

(3)対象児童
 平成27年6月分の児童手当の支給対象となっている児童

所得制限

 特例給付(児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合)を受給されている方(児童1人につき月額5,000円が支給されている方)は、対象となりません。所得制限限度額は次のとおりです。

【所得制限限度額】

扶養親族等の数
所得制限限度額(万円)
収入額の目安(万円)
0人
622.0
833.3
1人
660.0
875.6
2人
698.0
917.8
3人
736.0
960.0
4人
774.0
1002.1
5人
812.0
1042.1

「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

(注)
(1) 所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる人の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。
(2) 扶養親族数の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

【所得制限限度額等の確認方法】

(1) 平成26年分給与所得の源泉徴収票や平成26年分所得の確定申告書の控え等で、受給者の所得金額、所得控除の内容及びその額を確認してください。
(2) 受給者の平成26年の給与所得控除後の金額から、次の控除に該当するものを引いてください。(ただし、他に不動産所得や利子所得などがある場合は加算)
 社会保険料相当額  8万円
 障害者控除(1人当たり)  27万円(特別障害に該当する場合、40万円)
 寡婦(夫)控除  27万円(特別寡婦に該当する場合、35万円)
 勤労学生控除  27万円
 雑損・医療費・小規模企業共済等掛金控除  当該控除額
(3) 所得制限限度額表から扶養親族等の数によって該当する所得制限限度額を確認し、(2)で算出した控除後の額と比較してください。
(4) (2)で算出した額が所得制限限度額以上である場合、特例給付の対象者となります。
 

申請受付期間

平成27年6月1日(月)から平成27年10月30日(金)まで。
※申請受付は終了しました。

支給・不支給等のご連絡

・振込日や振込金額は、審査後、順次文書にてお知らせします。
・振込口座は、原則、児童手当と同じ口座になります。

関連情報

お問い合わせ先

青少年子ども部 子ども政策課
電話:0568-85-6201
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。