エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド福祉・介護介護保険 › 認知症サポーター・キャラバンメイト養成事業

ここから本文です。

認知症サポーター・キャラバンメイト養成事業

更新日 平成28年11月21日ID番号 K16289

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座とは

 認知症高齢者やその家族が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを目指し、認知症について正しく理解し、認知症高齢者やその家族を地域で見守る認知症サポーターを養成します。受講を希望する団体に対し、講師役となるキャラバン・メイトを派遣します。
 認知症サポーターは「認知症について正しい知識を身につけた人」であり、何か特別なことをするわけではありません。地域で暮らす認知症の方やその家族を見守る温かい目として、自分たちに何かできることはあるだろうか、と考えてみることが認知症サポーターとしての役割です。
 受講していただいたすべての方が認知症サポーターとなり、その証としてオレンジリングをお配りしています。

受講の申し込みについて

 春日井市に在住・在勤・在学の方で、10名以上の人が集まれば受講が可能です。受講料は無料ですが、講師派遣を希望する場合は、会場費を負担していただく場合があります。受講を希望される方は地域福祉課までご連絡ください。
 <受講例>
・町内会、自治会、老人会など地域の集まり
・金融機関、商店、企業などの研修
・小中学校の総合学習の時間やPTAの研修
 

キャラバン・メイト養成研修

キャラバン・メイト養成研修とは

   認知症に対する理解と具体的な対応方法等を市民や社員に伝える講師となる「キャラバン・メイト」を養成します。
 研修を修了した方は、地域や職場で「認知症サポーター養成講座」を開催し、「キャラバン・メイト」として活躍できます。 

平成28年度キャラバン・メイト養成研修受講者募集

日    時:平成28年11月10日(木)10時~17時
場    所:ささえ愛センター 第1集会室(春見町3番地)
講義  内容:認知症を理解する
       認知症サポーターとは
         認知症の人を地域で支える
         キャラバン・メイトの役割と講座内容の実際
講    師: 中部大学生命健康科学部保健看護学科 准教授 福田 峰子 氏
        NPO法人てとりん 代表 岩月 万季代 氏
受講対象者:認知症介護指導者養成研修の修了者
        認知症介護実践リーダー研修(認知症介護実務者研修専門課程)修了者
        商工会議所会員(市内企業対象者)
        青年会議所会員   
        社)認知症の人と家族の会の会員
        行政職員
        上記に準ずると春日井市が認めた者
         (地域包括支援センター職員、介護従事者、医療従事者、ボランティア等)
募集  人員: 概ね30名
費      用: 無料
申  込  み: 平成28年10月28日(金)までに受講申込書をダウンロードして、ファクスまたはEメールでお申込みください。

※平成28年度の受講者の募集は終了しました。

関連情報

お問い合わせ先

健康福祉部 地域福祉課 地域包括ケア推進室
電話:0568-85-6187
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。