エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド福祉・介護その他 › 生活保護

ここから本文です。

生活保護

更新日 平成28年3月31日ID番号 K3798

  1. 病気やけがなどの理由で収入がなくなり、生活費や医療費などの支払に困ったときに、援助をする制度です。
  2. 国の定める健康で文化的な最低限度の生活を送るために「足りない部分のみを補う」ものです。
  3. 一日でも早く自分たち自身の力で生活していけるように「一時的に手助けすること」が目的です。

生活保護を受けるには

  • 生活保護は、国民の権利として受けることができますが、一定のルールに従っていただく必要があります。
  • あなたや家族の皆さんがそれぞれの能力に応じて最大限の努力をし、それでもなおかつ生活が困難な場合に、初めて保護を受けることができます。

生活保護の種類

  1. 生活扶助
    衣食、その他日常生活に必要な費用です。
  2. 教育扶助
    義務教育に必要な学用品や給食費などです。
  3. 住宅扶助
    必要な家賃または地代です。
  4. 医療扶助
    入院や通院など、受診受療に必要な費用などです。
  5. 介護扶助
    居宅介護・施設介護など介護に必要な費用などです。
  6. 出産扶助
    病院などで出産するときの費用です。
  7. 生業扶助
    技能を身につけたり、仕事につくための費用です。
  8. 葬祭扶助
    葬儀の費用です。

生活保護の手続き

くらしにお困りで生活保護を希望される人は健康福祉部生活支援課保護担当までご相談ください。また、地域の民生・児童委員もご相談に応じます。

お問い合わせ先

健康福祉部 生活支援課
電話:0568-85-6192
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。