エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド福祉・介護障がい福祉 › 軽度・中等度難聴のお子様に補聴器の購入費等を支給します。

ここから本文です。

軽度・中等度難聴のお子様に補聴器の購入費等を支給します。

更新日 平成29年4月1日ID番号 K29526

身体障がい者手帳の対象とならない軽度・中等度の難聴と診断されたお子様に、言語の獲得や学力の向上を支援するため補聴器の購入(修理)費を支給します。

対象となるお子様

次のすべてを満たしている人

  • 春日井市に住民登録があり、居住している18歳未満の人
  • 両耳の聴力レベルが30dB以上の人
  • 障がい者総合支援法の補装具(補聴器)費の支給対象にならない人
  • 補聴器を使用することで言語の獲得や学力の向上等の効果が期待されると医師が認める人

注意

  • 世帯に市民税所得割が46万円以上の人がいる場合は、対象となりません。
  • 乳幼児期のお子様は、ABR等の他覚的聴力検査によって聴力レベルを測定してください。
  • 検査の結果、聴力レベルが障がい者手帳の対象となる程度(両耳の聴力レベルが70dB以上の人または片耳の聴力レベルが50dBでもう片耳の聴力レベルが90dB以上の人)だった場合は、障がい者手帳を取得し、補装具費支給事業の手続きをしてください。

支給額

購入金額(限度額を上限とする)の3分の2(市民税非課税世帯は全額)を支給します。

限度額

  • 補聴器…46,007円
  • イヤモールド…9,432円

必要なもの

  • 申請書
  • 医師の意見書
  • 見積書(補装具業者作成のもの)
  • 印鑑(スタンプ印不可)

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

マイクロソフトoffice2007以降のエクセル、ワード等のファイルをご覧いただくには、互換機能パック(無償)が必要です。お持ちでないかたは、マイクロソフト社ホームページ(新しいウィンドウで開く)からダウンロードしてください。

お問い合わせ先

健康福祉部 障がい福祉課
電話:0568-85-6186 ファクス:0568-84-5764
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。