エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイドごみ・環境環境基本計画 › 春日井市環境基本計画(平成14年3月策定版)

ここから本文です。

春日井市環境基本計画(平成14年3月策定版)

更新日 平成19年8月22日ID番号 K11982

  •  環境を保全・創造し、次代も含め、市民が快適に暮らすことができるよう様々な取組みを、総合的、計画的に推進することを目的に策定しました。
  •  本計画は、第四次春日井市総合計画の環境に関する分野を体系化し、具体化するものです。また、春日井市都市計画マスタープラン等他計画との整合を図っています。
  •  本計画は行政計画であると同時に、市民、事業者、市の三者共通の目標と取組みを示す「パートナーシップ計画」としての性格も備えています。

第一章

計画の期間

平成14年度から平成33年度までの20年間

構成

第二章

環境像

みろくの森から道風の里まで 蛙の合唱消えぬ道 暮らしと出会いを大切にするまち

環境目標

  1. 住みたい、楽しく美しい、歩きたくなるまち・春日井
  2. 豊かな自然と人が共存し、歴史・文化を育むまち・春日井
  3. 美しい地球を守る、地域のしくみがいきづくまち・春日井
  4. ネットワークを活用し、環境市民が育つまち・春日井

数値目標 (指標)

水循環:市域全体での雨水浸透率0.36以上の確保
緑:将来市街地でみどり率10%以上、市域全体でみどり率30%以上の確保
ごみ:一人一日あたりのごみ廃棄量を平成12年度に対して25%削減
地球環境:二酸化炭素排出量を平成10年度に対して10%削減
生活環境:環境基準を100%達成
環境まちづくり:環境まちづくり参加人数を総人口の10%以上確保

第三章

施策 (236の具体的施策)

  1. 住みたい、楽しく美しい、歩きたくなるまち・春日井
      (1) 環境に配慮した都市基盤
      (2) アメニティ空間
  2. 豊かな自然と人が共存し、歴史・文化を育むまち・春日井
      (3) 自然との共存
      (4) 自然と歴史の恵み
  3. 美しい地球を守る、地域のしくみがいきづくまち・春日井
      (5) 資源の有効活用
      (6) 環境に配慮した産業
      (7) 公害防止・環境負荷の低減
  4. ネットワークを活用し、環境市民が育つまち・春日井
      (8) 環境市民
      (9) 学習・ネットワーク基盤

第四章

主体別環境配慮指針


市民の日頃の暮らしや事業活動において環境に配慮すべき事項

第五章

地域別環境配慮指針

環境目標の実現をめざして具体的取組みを進めていく上で、地域の特性に配慮すべき事項

  1. 自然をいかした土地利用
    (1) 農地の保全
    (2) 緑の活用
  2. 自動車利用の抑制
    (1) 環境に配慮した交通システム
    (2) 自転車道・歩道の整備
  3. 自然資源の保全
    (1) 森林や動植物の生息環境の保全
    (2) 水辺の整備  

第六章

施策形成にあたっての配慮

施策を立案、具体化する際の考慮すべき手法

  1. 施策形成手法
    (1) 環境問題への多面的アプローチと社会実験
    (2) 経済的措置
    (3) 環境教育・コミュニティ形成戦略
    (4) 地域環境会計
  2.  施策実施手法
    (1) 戦略的環境アセスメント
    (2) 双方向・協働型の環境情報システム

第七章

計画推進

  1. 推進体制
    計画の進行段階に応じた市民、事業者との連携による推進体制
  2. 進行管理
    環境報告書の作成とPDCAサイクルによる推進

第八章

重点的取組み

市が主体となり優先して推進すべき取組み

  1. 健全な水循環の確保
  2. 自然環境保護手法の調査・研究
  3. ごみの減量
  4. 沿道環境の改善
  5. 市民活動に対する支援

第九章

パートナーシップによるプロジェクト (市民提案)

計画原案の作成に携わった市民委員会からの提案

  1. 歩いて暮らせ自転車で走りやすいまちにしよう
  2. 地域の魅力を再発見しよう
  3. 川を市民の憩いや子どもの遊び場にしよう
  4. 大切な自然を守ろう
  5. 農地や里山の風景を守ろう
  6. グリーンコンシューマーを増やそう
  7. 環境や健康に配慮した商店・商品を増やそう
  8. 環境学習・環境教育を充実させよう
  9. 環境情報センターの開設とコミュニティ拠点を結ぶネットワークをつ
    くろう

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

お問い合わせ先

環境部 環境政策課
電話:0568-85-6216
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。