エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイドごみ・環境環境問題 › 衛生害虫等

ここから本文です。

衛生害虫等

更新日 平成26年9月26日ID番号 K24236

蚊にご注意!

蚊の発生予防   
蚊の発生を未然に防ぐには、普段からの対策が必要になり、蚊が水面に卵を産みつけないようにしたり、水中に生息するボウフラを退治することが有効となります。
 
発生場所
蚊は卵を水面に産み、水中で幼虫(ボウフラ)となったのち、成虫に成長します。
ちょっとした水たまりがあれば場所を問わず卵を産みます。
·   植木鉢の受け皿
·   空き缶やプラスチック容器
·   雨水桝
·   古タイヤの周り
·   境界ブロックの穴
·   自転車やオートバイの雨よけシートのたるみ
 
発生を防止するための注意点
·   不要な水たまりをなくすよう心掛けてください。
·   水がたまる場所は定期的に掃除をしたり、こまめに水を入れ替えてください。
·   成虫になってから駆除することは非常に難しいため、幼虫(ボウフラ)の間に駆除してください。

薬剤の配付について
・町内の一斉清掃などに併せて、側溝、雨水桝などの不快害虫(ユスリカなど)の駆除を実施される町内会、自治会には、薬剤を配付します。詳しくは下記までお問い合わせください。
 
なお、薬剤の使用にあたっては定められた効能又は効果に従い、ゴム手袋を使用するなど、安全に注意するとともに用法及び用量を厳守し、環境汚染につながらないよう乱用を避けてください。

お問い合わせ先

環境部 環境保全課
電話:0568-85-6279
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。