エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市政情報行政広報広聴 › Media Information(メディア掲載情報)

ここから本文です。

Media Information(メディア掲載情報)

更新日 平成28年10月17日ID番号 K23651

新聞やテレビなどのメディアに掲載された情報をとりまとめています。

高蔵寺ニュータウンで自動走行実験実証実験が行われました


自動走行車

10月5日(水)、6日(木)に、県が実施する先進的な取り組みである自動走行実証実験が高蔵寺ニュータウンで行われました。

周りを感知するレーダーや信号機の色を識別するカメラなどの最新技術を搭載した自動走行車は、ハンドル操作なしで高蔵寺ニュータウン内約4キロメートルを時速40キロメートルで走行しました。

 

平成28年10月5日(水)にテレビ(中京テレビ、テレビ愛知)、新聞(中日、毎日、朝日、読売、日本経済、中部経済、共同通信、日刊工業、東京交通)に取材されました。

大垣共立銀行より創立120周年を記念した寄附をいただきました


伊藤市長と土屋頭取

 春日井市の指定金融機関である大垣共立銀行より、創立120周年を記念して、春日井市に対して地方創生に資する事業への活用を目的とした寄附をしていただきました。寄附金は、創生に向けて動き出している高蔵寺ニュータウンにある旧藤山台東小学校施設内の児童館の整備に使う予定です。

 平成28年5月10日(火曜日)にテレビ(テレビ愛知)、5月11日(水曜日)に新聞(中日、中部経済)で報道されました。

「子はかすがい 子育ては春日井」宣言

子はかすがい子育ては春日井宣言

2月17日に発表した「春日井市まち・ひと・しごと創生総合戦略」において掲げた、「春日井市で働きたい!」「春日井市で産みたい!育てたい!」「春日井市に住みたい!住み続けたい!」の3つの基本目標の実現に向け、市独自のさまざまな取り組みを推進するため、民間NPOや実際に子育てをしているママたちとともに、宣言を行いました。
 
 

 平成28年3月24日(木曜日)にテレビ(中京テレビ、名古屋テレビ)、3月25日(金曜日)に新聞(中日、毎日、読売)で報道されました。

高蔵寺ニュータウン未来プラン最終案「高蔵寺リ・ニュータウン計画」を答申

未来プラン

 高蔵寺ニュータウンが将来にわたり持続可能なまちであるために、実用性が高いプロジェクトと夢や希望を抱くことができる展望を併せ持つ未来プランを策定するに当たり、検討を重ねてきた最終案を「高蔵寺ニュータウン未来プラン策定検討委員会」が市長に答申しました。

 平成28年1月22日(金曜日)にテレビ(CBC、名古屋テレビ、テレビ愛知)、1月23日(土曜日)に新聞(中日、朝日)、1月28日(木曜日)に新聞(毎日)で報道されました。

高蔵寺ニュータウンにおける4者連携による居住促進を展開

居住促進

高蔵寺ニュータウンをより魅力的にしていくため、協力を表明している大垣共立銀行、春日井商工会議所、UR都市機構中部支社が居住促進のための具体的な取り組みを発表し、市もこれらの企業と連携しまちづくりを推進していくことを表明しました。

 

  • 平成27年11月2日(月曜日)にテレビ(NHK、中京テレビ、テレビ愛知)、11月3日(火曜日)に新聞(中日、毎日、中部経済、日本経済)で報道されました。

中部圏初「ゲンバ男子」がスタート!

現場の様子

10月より「ゲンバ男子」がスタートしました。
中小企業において、若者の製造業離れが深刻化する中、若い人材の確保が困難を極めています。そこで、現場で生き生きと働く若者の格好よさを伝えることで、製造業のイメージアップを図っていきます。
今後は、広報春日井やホームページにおいて2か月に1回程度内容を更新し、ものづくりの魅力を発信していきます。
 

 

 平成27年8月14日(金曜日)、10月3日(土曜日)に中日新聞、10月7日(水曜日)にラジオ(ZIP-FM)、10月8日(木曜日)、12日(月曜日)、17日(土曜日)にテレビ(NHK)、10月20日(火曜日)にテレビ(CBC)で報道されました。

自動車の図柄入りナンバープレート導入の動きに期待

取材の様子

国では東京オリンピックを記念して、今年度中に自動車の図柄入りナンバープレートの導入を予定しており、2年後には、地域ごとに「ご当地図柄入りナンバープレート」を導入できるように検討を進めています。昨年11月にご当地ナンバーがスタートした春日井市でもこの動向に期待していることについて、取材を受けました。

  • 平成27年9月4日(金曜日)に中京テレビ(日本テレビ系列)で全国放送されました。

大垣共立銀行と「地方創生に関する連携協定」を締結!

「地方創生に関する連携協定」締結

全国的な人口減少に対応するため、国が地方創生を重要施策として推進している中で、春日井市も産業及び経済の活性化、地域活力の創造を目指します。そのためには、市内企業の成長、地域の活性化が不可欠であることから、大垣共立銀行と相互に連携・協力し、地方創生を推進するため、協定を締結しました。

  • 平成27年8月4日(火曜日)にテレビ(CBC、テレビ愛知)、5日(水曜日)に新聞(中日、中部経済、日本経済)で報道されました。

高蔵寺ニュータウン未来プラン策定検討委員会が開催!

未来プラン検討委員会

「高蔵寺ニュータウン未来プラン」の第1回策定検討委員会が、7月9日(木曜日)に開催されました。
高蔵寺ニュータウンが将来にわたり持続可能なまちであるために、委員会では様々な課題を検討し、今年度中の未来プラン策定を目指しています。

  • 平成27年7月10日(金曜日)にテレビ(CBC)、11日(土曜日)に新聞(中日)で報道されました。

買い物困難者支援へ 移動販売事業がスタート!

移動販売車出発式

3月26日(木)に、買い物が不便と感じている高齢者の方などを支援するため、移動販売車「移動スーパーマーケット 道風くん」の出発式が春日井商工会議所で行われました。
4月から、高蔵寺ニュータウンの一部、桃花園、牛山などの市内4地区を、市と観光コンベンション協会、事業者などが連携して移動販売事業を実施します。

  • 平成27年3月26日(木曜日)、27日(金曜日)に新聞(中日、朝日)、テレビ(NHK、東海テレビ、CBC、中京テレビ)で報道されました。

自動車の「春日井」ナンバーがスタート!

春日井ナンバー導入記念式典

 11月17日(月)、自動車のご当地ナンバー「春日井ナンバー」がスタートしました。
 春日井市役所北側ポケットパークで、導入記念式典が開催され、市民の皆様はじめ約200人が集まり、春日井ナンバーの交付開始が盛大に祝われました。
 出張交換会では、事前に申し込みをした参加者の車が「春日井」ナンバーへと付け替えられていきました。

  • 平成26年11月17日(月曜日)、18日(火曜日)に新聞(中日、毎日、朝日、読売、中部経済)、テレビ(東海テレビ、CBC、中京テレビ、名古屋テレビ)で報道されました。

高蔵寺ニュータウン未来プラン「(仮称)高蔵寺リ・ニュータウン計画」の策定を市長が表明

高蔵寺ニュータウン未来プラン「(仮称)高蔵寺リ・ニュータウン計画」の策定を市長が表明

10月15日(水)に、高蔵寺ニュータウン未来プラン「(仮称)高蔵寺リ・ニュータウン計画」の策定を市長が発表しました。

高蔵寺ニュータウンが「いつまでも安心して快適に住むことができるまち」であり続けるために、多様な課題に対応し、実現性が高いプロジェクトと夢と希望を抱くことができる展望を併せ持つ計画として、藤山台地区の小学校施設を活用したまちづくりの推進、高蔵寺におけるBRT(高度なバス交通システム)の導入、スマートウェルネスタウン(健康未来都市)などの検討を行います。

  • 平成26年10月15日(水曜日)、16日(木曜日)に、新聞(中日、読売、中部経済)、テレビ(NHK、東海テレビ、CBC、中京テレビ、名古屋テレビ)で報道されました。

春日井市消防隊員が市長に御嶽山での救助活動を報告

春日井市消防隊員が市長に御嶽山での救助活動を報告

10月7日(火)に、御嶽山の噴火による行方不明者の捜索で現地に派遣されていた春日井市消防本部の隊員5名が市長に救助活動を報告しました。

緊急消防隊として10月1日から4日まで活動。火山灰が積もる急斜面など困難な状況の中で捜索するとともに、警察が発見した行方不明者1名の搬送に携わりました。
 

  • 平成26年10月7日(火曜日)、8日(水曜日)、9日(木曜日)に、新聞(中日、朝日、読売)、テレビ(東海テレビ、CBC、テレビ愛知、中京テレビ)、共同通信で報道されました。

春日井市が「危険ドラッグ追放宣言」

危険ドラッグ追放宣言

8月8日(金)に、県内市町村に先駆け、危険ドラッグ追放宣言式が文化フォーラム前、市民広場で行われました。

死亡事故遺族からの手紙が朗読され、危険ドラッグ追放の願いと黙祷が行われた後に、伊藤太春日井市長が危険ドラッグ追放を宣言しました。また、春日井市役所周辺でチラシの配布など啓発活動も行われました。

 

危険ドラッグ追放宣言啓発活動

  • 平成26年8月8日(金曜日)、9日(土曜日)に、新聞(中日、毎日、朝日、読売)、テレビ(NHK、東海テレビ、CBC)で報道されました。

大手小学校地下に巨大な雨水調整池を整備

大手小学校雨水調整池の施設見学会

7月26日(土)に、児童や住民に浸水被害軽減対策の仕組みを体感してもらうため、大手小学校校庭地下に整備中の雨水調整池の施設見学会が行われました。

雨水調整池の規模は、11,000立方メートルで25mプール約30杯分です。参加した児童は治水への願いを込めたメッセージを壁に書いていました。

 

  • 平成26年7月26日(土曜日)に東海テレビで報道されました

レーサー井原慶子さんが1日署長 交通安全訴え

レーサー井原慶子さんが1日署長 交通安全訴え

7月14日(月曜日)に、ル・マン24時間レースで日本人女性初の入賞を果たした国際レーシングドライバーで、春日井広報大使の井原慶子さんが1日警察署長となって、園児らと「ストップ・ザ・交通事故キャンペーン」を行いました。

また、南城中学校で「交通安全講話~世界最速女性ドライバーが中学生に教える情熱教室」を開催。生徒らは井原さんの話を熱心に聞き入っていました。

  • 平成26年7月14日(月曜日)、15日(火曜日)に新聞(中日、朝日、読売)、テレビ(NHK、テレビ愛知)で報道されました。

高蔵寺ニュータウンで空き家対策事業がスタート!

高蔵寺ニュータウン住宅流通促進協議会を初開催

  6月23日(月曜日)に、高蔵寺ニュータウンの空き家対策のため、春日井市と春日井商工会議所、都市再生機構(UR)中部支社が高蔵寺ニュータウン住宅流通促進協議会を初めて開催しました。

 空き家対策事業は、愛知県内で唯一、国土交通省のモデル事業に採択され、今後は、実態調査や空き家バンク等の流通支援システムなど、空き家の流通促進に向け、官民が連携して取り組みます。

  • 平成26年6月23日(月曜日)、24日(火曜日)に新聞(中日、毎日、朝日、読売、中部経済)、テレビ(NHK、東海テレビ、CBC、中京テレビ、名古屋テレビ)で報道されました。

カミツキガメにご注意を!

カミツキガメの写真

  6月6日(金曜日)に下原町地内において、カミツキガメの疑いのあるカメを捕獲した旨の連絡を市民から受け、午後2時過ぎにカミツキガメ(甲長20cm)を保護しました。
  また、7月9日(水)に花長町地内において、カミツキガメの疑いのあるカメ(甲長約20cm)が捕獲されました。 

 カミツキガメは、危険を感じた場合には咬みつく習性がありますので、川や池でこのようなカメ(写真)を見た場合は、市民の皆さんは決して近づかないで、市環境保全課(電話:0568-85-6279)にご連絡ください。
 

  • 平成26年6月6日(金曜日)、7日(土曜日)にテレビ(NHK、東海テレビ、CBC)、中日新聞で報道されました。
  • 平成26年7月11日(金曜日)、15日(火曜日)にテレビ(東海テレビ、名古屋テレビ)で報道されました。

春日井ナンバー11月17日から交付開始!

春日井ナンバー交付日決定写真

 自動車のご当地ナンバー「春日井ナンバー」の交付開始日が11月17日(月曜日)に決まりました。
 5月16日(金曜日)に国土交通省の発表を受け、大村秀章知事から伊藤太市長に連絡があり、記念セレモニーを春日井市役所1階の市民ホールで開催しました。
 マスコットキャラクター「道風くん」と市長が電気自動車に手作りの「春日井ナンバー」を取り付けて、決定を祝いました。

  • 平成26年5月16日(金曜日)、17日(土曜日)に新聞(中日、毎日、朝日、読売、中部経済)、テレビ(東海テレビ、CBC、中京テレビ、名古屋テレビ)で報道されました。

命の大切さを学ぶ「いのちの授業」を高校生に

いのちの授業写真

  5月16日(金曜日)、交通安全の意識を高めるため、命の大切さを学ぶ「いのちの授業」を春日井南高校で開催しました。

 被害者の等身大パネルを展示する「生命のメッセンジャー展示」や、交通事故の被害者の遺族が大切な家族をなくした心情を語る講演会に、高校生と保護者、教職員ら約980人が参加しました。

 

  • 平成26年5月16日(金曜日)、20日(火曜日)に、中日新聞、CBCテレビで報道されました。

小学校でICT(情報通信技術)活用の授業~タブレット寄贈

ICTの授業風景

 5月12日(月曜日)、パナソニック教育財団から小学校の授業に活用するタブレット型パソコン40台と電子黒板などの寄贈がありました。同財団は、ICT(情報通信技術)を先進的に活用する、春日井市を含めた全国の4つの自治体と「ワンダースクール応援プロジェクト」の共同研究を実施します。
 寄贈されたタブレットなどは、出川小学校の授業で実践研究として使われます。

  • 平成26年5月13日(火曜日)に、新聞(中日、読売、中部経済)、東海テレビで報道されました。

「手のひら認証」登録推奨で防災対策事業に寄附

手のひら認証のイメージ写真

 5月2日(金曜日)、災害時に通帳やキャッシュカードを失っても手のひらで現金を引き出せる「手のひら認証」を推奨する大垣共立銀行から、防災対策事業として市に133万900円の寄附がありました。

 同銀行と市は、平成25年3月に手のひら認証を市民に推奨し、災害への備えを進める協定を締結。認証登録した市民の数に100円をかけた金額を寄附することとしており、寄付金は防災対策事業にあてられます。

  • 平成26年5月2日(金曜日)、3日(土曜日)、9日(金曜日)に、新聞(中日、朝日、中部経済)、テレビ愛知で報道されました。

春日井広報大使13人を任命~春日井の魅力を全国へ発信

春日井広報大使の写真

  4月28日(月曜日)に開催された「春日井の未来を語る会」で、春日井の魅力を全国にPRする「春日井広報大使」の委嘱状の交付式が行われました。
  広報大使には、歌手のチェリッシュさん、北京五輪シンクロナイズドスイミング日本代表の松村亜矢子さん、国際レーシングドライバー井原慶子さんら、本市に縁があり、芸術、文化、スポーツ等の分野で活躍している13人が任命されました。

  • 平成26年4月29日(火曜日)、30日(水曜日)、5月3日(土曜日)に、新聞(中日、毎日、朝日、読売、中部経済)で報道されました。

春日井市の人口が31万人に!

31万人目の認定証受賞写真

  4月3日(木曜日)、春日井市の人口が31万人を超えました。31万人目となったのは、小瀬戸順平さんと欄さんの次女・菫(すみれ)さん。伊藤太市長から認定証が贈られました。

 春日井市がの、昭和18年6月1日誕生したときに人口は、5万3709人。その後、人口増加が続き、現在、愛知県内では名古屋、豊田、一宮、豊橋、岡崎市に次いで6番目の人口となります。


 

  • 平成26年4月4日(金曜日)に、新聞(中日、中部経済)で報道されました。

お問い合わせ先

企画政策部 広報広聴課
電話:0568-85-6036
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。