エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市政情報行政広報広聴市民対話市民対話実績25年度実績 › 春日井保護区保護司会

ここから本文です。

春日井保護区保護司会

更新日 平成26年4月3日ID番号 K23128

春日井保護区保護司会との対話の様子

開催日

平成25年11月1日(金曜日)

場所

市役所5階 庁議室

参加者

春日井保護区保護司会


対話内容

意見
 総合福祉センター内に「更生保護サポートセンター」を開設しましたが、1か月で約100名の保護司や関係者が訪れ、相談室も約20回使用するなど、保護司が自宅を使用しなくてもよい環境ができました。
 今後も、社会環境の変化などにより業務の増加が見込まれ、引き続き活動の支援をお願いしたい。
回答
 総合福祉センターの改修にあわせて、サポートセンターを整備しました。今後も、専用部分と共用部分を上手に利用しながら、例えば、必要に応じて会議室を利用するなどして、活動してほしいと思います。
意見
 春日井保護区保護司会では、人材の確保に苦労が伴う状況にあり、個人情報保護の観点から難しい面もあると思いますが、行政経験者など候補者の情報提供をお願いしたい。
回答
 個人情報の保護に配慮しつつ、行政経験者の紹介など協力できるところはしていきたい。
意見
 保護観察対象者への支援として、再犯防止の観点からも雇用の確保が重要です。公共工事等の競争入札における協力雇用主に対する優遇制度などを将来的に検討してほしい。
回答
 直ちに導入や検討ということは難しいですが、こうした制度につきまして、今後、調査研究していきたいと考えております。
意見
 保護司会に対する補助金について、今後とも配慮をお願いしたい。
回答
 法務省等の各種補助制度についても充分活用いただいたうえで、調査研究していきたいと考えております。
意見
 春日井ナンバーを契機として、安全なまちとしてイメージアップをしてほしい。
回答
 春日井ナンバーの導入決定をどのようにアピールし、活用していくかについては、現在検討中ですが、安全安心や交通事故防止にも繋げていきたいと考えております。

お問い合わせ先

企画政策部 広報広聴課
電話:0568-85-6037
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。