エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市政情報行政広報広聴市民対話市民対話実績25年度実績 › 岩成台西地区社会福祉協議会

ここから本文です。

岩成台西地区社会福祉協議会

更新日 平成26年4月3日ID番号 K23131

岩成台西地区社会福祉協議会との対話の様子

開催日

平成26年2月7日(金曜日)

場所

市役所5階 庁議室

参加者

岩成台西地区社会福祉協議会


対話内容

意見
 岩成台西地区社会福祉協議会は、多岐にわたった活動をしていますが、地区の集会所や東部ほっとステーションなどを借りている状況です。地域の活動拠点があると良いのですが。
回答
 地区社会福祉協議会の活動は、区や町内会と表裏一体の面があることから、各地区の集会所や公民館などで問題なく活動をされているものと理解していました。
 これだけ幅広い活動をしていらっしゃるわけですから、活動拠点がほしいというお気持ちはよくわかりますが、市で全てをご用意することもできません。今後考えさせてください。
意見
 藤山台地区の小学校が統合されますが、小学校の跡地は地元のために何か使わせてもらえないでしょうか。
回答
 現在、小学校の跡地については未定ですが、地域にとっても、春日井市にとっても大切な財産ですので、今後、市民の皆さんの声を聴きながら、広い視点で考えていきたいと思います。
意見
 第二希望の家を利用している子どもたちは、新たな環境になかなか慣れることができません。災害時についても、子どもたちが落ち着けるように、最初から避難所として利用させていただけますか。
回答
 基本的には小学校が指定避難所となっていますが、障がいをお持ちの方や要介護者の方などについては、幅広く受け入れることができるふれあいセンターなどの公共施設を災害時要援護者避難所として指定しています。第二希望の家はいずれにも当てはまりませんが、防災の仕組みの中で検討させてください。
意見
 発達障がい児やそれに準ずる子どもが増えています。教師の負担軽減や、子どもたちの教育環境を維持するためにも、支援員を増やしてほしい。
回答
 教育現場における大変貴重なお話をお伺いしました。市としても、教育委員会とコミュニケーションをとりながら考えなくてはならないことだと感じています。
 市では、昨年の夏から、ソーシャルワーカーを採用するなど、保護者と学校のかけはし事業に取り組み、支援を進めています。
意見
 高蔵寺ニュータウンを活性化してください。
回答
 ニュータウンに関する提言をいただくための市政アドバイザーを設置したほか、市職員2名をニュータウン専任として配置しました。ニュータウンそれぞれの地区の皆さんの声を聴くために、まち語りサロンも実施しています。今日ご出席の皆さんのように、地区の皆さんにご活躍いただきながら、活性化に向けて進めていきたいと考えています。

お問い合わせ先

企画政策部 広報広聴課
電話:0568-85-6037
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。