エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市政情報行政広報広聴市民対話市民対話実績25年度実績 › 三ツ星幼稚園

ここから本文です。

三ツ星幼稚園

更新日 平成26年2月28日ID番号 K24990

三ツ星幼稚園保護者との対話の様子

開催日

平成26年1月28日(火曜日)

場所

三ツ星幼稚園

参加者

三ツ星幼稚園保護者

対話内容

参加者

小学校のトイレを洋式化してほしいのですが。

市長

小中学校のトイレについては、子どもたちの生活環境の変化にあわせて、洋式化を順次進めています。小中学校の校舎の耐震化については、平成26年度中にすべての補強工事が完了します。また、エアコンについては、平成26年度に図書室への整備を行います。小中学校全体の環境をみながら、子どもの教育環境の整備を進めています。

参加者

主人が仕事柄、市役所に行きますが、職員の挨拶や態度が業務的で残念だと話しています。自分も、子どもをつれて市役所に行った際に、職員がもう少し気を配ってくれたらよいと思いました。

市長

市長へのホットライン等で市の職員の対応が悪いと指摘を受けることはございますが、全体としては、対応が良くなってきたとの言葉もいただいています。今、大変残念なご発言をいただきましたので、具体的に教えていただければ、個別に注意し、改善していきたいと思います。

参加者

 病児保育についてですが、仕事をするに当たって、子どもが幼稚園の年少で、いつ具合が悪くなるかもしれないので当日でも預かってくれる病院施設があれば安心だと思います。

市長

 現在、市内に3か所あります。ホームページでも公表していますのでご確認ください。 現時点で、4か所目を増やす予定はありませんが、必要性は十分承知しており、慎重に検討しているところです。

参加者

 災害のときに井戸水が役に立ったというニュースを見ましたが、井戸水の供給について、市役所に登録し、災害時に支給するという制度はありますか。

市長

 市内に井戸があり、協力できる方には、「非常災害時井戸水提供の家」として登録をお願いしています。また、市内公園の地下には、市全体のバランスに配慮しつつ、耐震性の貯留タンクを配備しています。

参加者

 ごみ置場は、春日井市内であれば、どこに設置してもよいのでしょうか。それとも、地域で所定の場所が決められているのでしょうか。

市長

 ごみ置場の設置については、制限があるわけではありませんが、町内で取り決めがあったり、管理されていたりするところが多いと思います。地域外の方が別地域のごみ置場にごみを出すのは、モラルの問題といえますが、不法投棄ではないので、取締りは難しい面があります。また、この地域の方は、こちらのごみ置場へ、というように、市が強制的に区割りするのもなかなか難しい状況です。

参加者

 中学校のいじめを目撃して先生に相談をしたら、カウンセリングルームとの連携など、迅速な対応で解決に向かいました。子どもの通う中学校は良い環境でしたが、春日井市全体としては、どうなのでしょうか。

市長

 早い段階で対策を講じ、教職員が意識を高くもって対応した結果だと思います。教職員全体がレベルアップしていくことが大切です。また、市では、去年7月から「かけはし事業」を始めました。学校と保護者の間に、第三者的立場の方をおくことにより、関係を良好にしていこうというもので、専門職2名を設置しています。平成26年度は1人増員します。

参加者

 近所の公園は、照明が切れているのか広範囲にわたって暗いです。 サッカーなどの教室では、個別に照明を用意しなくてはならないほどです。

市長

 市でも巡回し、切れた電球を交換していますが、教えていただければ直ちに交換します。町内会長を通じて連絡いただければと思います。 明るさについては、防犯灯等をLED化するように取り組んでいます。


お問い合わせ先

企画政策部 広報広聴課
電話:0568-85-6037
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。