エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市政情報行政広報広聴市民対話市民対話実績23年度実績 › 婦人会協議会

ここから本文です。

婦人会協議会

更新日 平成24年2月27日ID番号 K18755

婦人会協議会との対話の様子

開催日
平成23年12月1日(木曜日)
場所
市役所5階 庁議室
参加者
婦人会協議会

対話内容

意見
託児ボランティアなどの子育て支援、ぼかしづくり講座などの環境の講座、ネクタイのリサイクルなどのエコライフの講座の開催などの活動を行っている。
今後も、地域に根差した活動を行っていきたい。
意見
今日は地域から支部長として出席している。台風15号の災害について、春日井苑の方から意見をいただいてきている。

神領保育園の建て替え工事を行うとのことだが、立地は堤防沿いが予定されている。安全な場所に建てるべきではないかと思う。


水害時の避難場所について、神領校区の災害時指定避難場所は、神領小学校になっている。台風15号の際は、神領小学校が避難場所からはずされ、どこに避難すればいいかが分からなかった。

台風15号の際、庄内川の対岸の名古屋市よりも避難勧告が遅れた。早く出ていれば、児童も安全に下校できたと思う。遅かったために、道路が冠水し、迎えに行くのに2時間以上かかったという声がある。

東海豪雨の後、市としての対策が取られていないため、台風15号のときも同じような被害を受けた。ポンプ場や地下の貯水池を作るなど、対策をしてほしい。

避難勧告が出たとき、サイレンを鳴らすなど、早く確実に住民に知らせてほしい。

上条用水の用水路の水があふれないよう蓋をして、庄内川へ流す方策を取ってほしい。開閉蓋を自動化して、緊急時には対応できるようにしてほしい。

身体が不自由な方に対する避難支援者の確保をしてほしい。

堀ノ内や神領地区の区画整理が終わり、新しい住民が増えており、町内会等地域で災害時の避難訓練を行う必要がある。
回答
それぞれの地区の被害状況については、町内会長、市議会議員を通じて伺っており、市として地区を訪ね、対応状況の報告や、どのように対策を取っていくかの話し合いを行う予定である。

庄内川については、8か所に職員を派遣して水かさを観察し、12時28分に避難勧告を出した。

市としてできること、県にお願いすること、国に実施してもらうことがあり、県と国には話をしている。
まずは、浚渫により、木や泥を除去し、流れを良くすることである。また、堤防の補強(国)も行う。

避難訓練については、新しい住民が増えているからこそ、町内会で計画していただき、市の消防や防災の関係職員と一緒に実施してほしい。
六軒屋地区では、六軒屋の公民館に一泊する訓練を行っている。
また、田楽地区では、水かさが増えたとき、どのように牛山小学校まで避難すればよいかを確認するため、実際に歩いてみたと聞いている。
意見
レディヤンかすがいを中心に活動しており、レディヤンかすがいの運営委員も務めている。
開設当初は「女性と青少年」を対象としていたが、退職した男性など、広くとらえることができないか。
回答
開設当初は、時代の背景もあって、対象者を「女性と青少年」としていたが、男性を含め、高齢者の利用が増えてきている。施設での実際の運用では男性や高齢者も利用しているが、規則等と合っていない実情があると思う。
使いやすい場所にある施設なので、いろいろな方に使ってもらえるような方策を考えていく。
意見
勝川町4丁目の近辺は、名鉄バスの路線が廃止され、はあとふるライナーは二子山公園までは来ているが、そこから折り返して味美の方へ戻る経路になっている。
春日井まつりのシャトルバスが旧国道19号沿いに勝川公園まで来ているが、はあとふるライナーも同じような経路を通ってもらうと、自転車に乗れないような移動手段の無い人が助かると思う。
回答
はあとふるライナーの経路を全面的に見直して2年が経つが、アンケートの実施やお話を伺って検討し、できるだけ多くの声を参考にして、全く公共交通機関がない地域などを中心に今の経路とした。
それまで約8000万円だった市の負担を約1億4000万円とし、200円の運賃で、バスを運行している。
現状の路線や時間に対して新しい視点でのお話をいただくことも多いので、頻繁に経路を変更するわけにはいかないが、加味しながら検討していきたい。
意見
市民会館の催しは土曜日、日曜日が多く、移動手段の無いお年寄りは、5時になるとシティバスがなくなってしまう。
回答
最終バスの時間を6・7時台にすることは、検討の課題に入っている。
意見
「救急あんしんカード」の、一人暮らしの高齢者の方への配付の際、救急車で届けてくれたが、事前に連絡がなく留守にしていたため、近所の方に心配をさせてしまった。
「救急あんしんカード」の取り組み自体は良いことなので、配付や周知の方法を見直してほしい。
回答
いざという時には役に立つものだが、配布のしかた、周知のしかたを見直す。
意見
自治会に伝えておいてもらうと良いと思う。
意見
JR勝川駅北口はタクシー乗り場が併設され、乗降の際は狭く、不便である。タクシー乗り場と乗降の場所を分けてほしい。
回答
送迎の際は南口ロータリーをご利用いただきたい。
意見
JR勝川駅の高架下はどのように活用されるのか。乗降の場所としては使えないのか。
回答
高架下はJRが所有しており、JRが活用方法を決めることになるが、スーパーマーケット等の店舗を予定していると聞いている。
意見
市民病院の待ち時間が、初診だと半日、予約をしても1時間から1時間30分待つことがある。短くすることはできないか。
回答
表示板で待ち時間が分かるようにしたり、少しでも待ち時間が短くなるよう努力していく。
意見
福祉の里のグラウンドゴルフ場は、日影になるところや芝生がなく、夏はとても暑い。木を植えたり、パラソルを設置したりしてほしい。
回答
パラソルだと風で危険があるかもしれないが、一つの提案として伺う。
意見
街路樹を、若葉が出る頃に選定してしまうと、夏に日影にならない。
回答
近くに住んでいる方からは落葉などで剪定の要望があり、通る人からは、なぜ剪定するのかという意見がある。剪定の時期をきめ細かくしていきたいと思う。

お問い合わせ先

企画政策部 広報広聴課
電話:0568-85-6037
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。