エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド健康・医療政策・計画 › 春日井市総合保健医療センター整備

ここから本文です。

春日井市総合保健医療センター整備

更新日 平成27年3月31日ID番号 K20017

 市民の健康の維持増進の拠点となる施設、また、休日・平日夜間の急病診療を行う施設として整備をすすめてきた春日井市総合保健医療センターは、平成26年6月2日(月曜日)にオープンしました。 

完成外観写真

総合保健医療センターについて

施設の概要

所在地  鷹来町1丁目1番地1(市民病院敷地内)
建築面積  2,621.70平方メートル
延床面積  9,084.28平方メートル
規模  地上4階建て
構造  鉄骨造
用途  病院、診療所、保健センター

施設パンフレット

 冊子は市内の各ふれあいセンター、各公民館などに設置しております。

施設の特色

省エネルギー対策  ・ 太陽光発電システムの設置
 ・ LED照明の採用
 ・ 人感センサーによる照明の制御
 ・ 雨水の活用
 ・ 節水型便器の採用
 ・ 複層ガラス窓の採用
バリアフリー化対策  ・ ユニバーサルデザインの導入
 ・ 車椅子対応のエレベーター及び便所の設置
 ・ オストメイト配慮設備の設置
安全・防犯対策  ・ 出入口、共用スペースに防犯カメラの設置
 ・ 便所、授乳室、相談室等への通報ブザーの設置
環境対策  ・ シックハウス対策建材の採用
その他  ・ バス停から急病診療所・救急外来入口までの歩行者用庇の設置
 ・ 市民病院の電力、給排水、空調設備の有効活用
 ・ 非常用発電機による3日間の電力確保
 ・ 会議室等利用規模に応じた可動式間仕切りの採用
 ・ 温水洗浄便座付便器の採用
 ・ 多目的便所にベビーシート(収納型)を設置
 ・ 施設利用者用の便所にベビーチェアを設置
 ・ 便所内洗面の自動水栓の採用

事業スケジュール

平成22年度 基本計画策定及び基本設計
平成23年度 実施設計
平成24年度 建設工事着工
平成25年度

建設工事

平成26年度 供用開始(6月2日~)

基本計画

 平成22年12月1日から平成23年1月4日まで基本計画(中間案)の市民意見公募(パブリックコメント)を実施し、平成23年3月に基本計画を策定しました。

太陽光発電設備について

 総合保健医療センターの太陽光発電設備は、平成26年4月9日(水曜日)に発電を開始しました。
 屋上を活用した太陽光発電事業として実施しています。
 正面入口側の1階共用ホールに設置したディスプレイでは、発電量を表示しています。


太陽光パネル 屋上に設置した太陽光パネル

太陽光発電設備表示ディスプレイ 太陽光発電表示ディスプレイ


太陽光発電事業者

事業者名 愛知電機株式会社
所在地  春日井市愛知町1番地

太陽光発電設備の概要

(1)発電出力規模 47.5kW
(2)予想年間発電量 約57,000kWh 
(3)使用面積 680平方メートル
(4)期   間 運転開始日から最長20年

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

お問い合わせ先

健康福祉部 健康増進課
電話:0568-85-6167
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。