エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド健康・医療予防接種予防接種 › 高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種について

ここから本文です。

高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種について

更新日 平成28年9月5日ID番号 K16021

高齢者肺炎球菌ワクチンの定期予防接種について

当該年度の対象者には、案内ハガキを郵送していますので、接種を希望する場合は、指定医療機関に予約の上、郵送されたハガキを持参してください。

市外のかかりつけ医等でも定期予防接種を受けられる場合がありますので、事前に健康増進課へお問い合わせください。

愛知県内の場合…愛知県広域予防接種協力医療機関であれば、手続きすることで接種ができます。詳しくは下記リンクをご確認ください。

愛知県外の場合…施設や医療機関に入所・入院している人等は、医療機関が所在する市町村宛に春日井市が「予防接種実施依頼書」を発行することで、その市町村の住民と同様の接種の取扱いをしてもらえる場合があります。

対象者

接種対象者 接種回数 持ち物 自己負担額
A

【平成30年度まで】
その年度に65、70、75、80、85、90、95、100歳となる人

【平成31年度から】
65歳の人

 1回
(過去にニューモバックスを接種したことがある場合は対象外)
案内ハガキ、本人確認書類、生活保護受給証明書(生活保護受給者のみ) 2,400円
(生活保護受給者は自己負担なし)
B

満60~65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障がいがある人
※身体障害者手帳1級又は1級程度であると医師が認めている場合に該当します

身体障がい者手帳、本人確認書類、生活保護受給証明書(生活保護受給者のみ)

※対象者以外で、高齢者肺炎球菌ワクチンの接種を希望する人は、費用の補助制度がありますので、下記「高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の一部を補助します」をご覧ください。

※案内ハガキは、表のAの対象者に郵送しています。

平成28年4月1日から平成29年3月31日の対象者

年齢

対象者生年月日

65

昭和2642日生~昭和2741日生

70

昭和2142日生~昭和2241日生

75

昭和1642日生~昭和1741日生

80

昭和1142日生~昭和1241日生

85

昭和642日生~昭和741日生

90

大正1542日生~昭和241日生

95

大正1042日生~大正1141日生

100

大正542日生~大正641日生

★注意事項

・市内に住民登録がなくなった場合や接種期間を過ぎた場合は、全額自己負担となります。

高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の一部を補助します(任意接種)

市では、高齢者がかかる肺炎の主な原因と考えられる肺炎球菌への感染予防とワクチン接種を促進するため、肺炎球菌ワクチンの接種費用の一部を補助しています。

補助対象

接種を行う日に、市内に住民登録がある次のいずれかに該当する人(過去にニューモバックスを接種したことがある場合は対象外)

  1. 満65歳以上の人
  2. 満60歳以上満65歳未満で心臓、じん臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障がいを有する人

※2.の障がいについては、身体障害者手帳1級又は1級程度であると医師が認めている場合に該当します。

補助金額

接種費用の一部として、1回3000円(生活保護受給者は1回7500円)

※ただし、接種費用が補助金額を下回る場合、接種費用と同額を補助

申請方法

まずは、接種を希望する医療機関が市の指定医療機関であるか先方にご確認ください。

 

○市の指定医療機関で接種する場合

1.接種を希望する医療機関に直接予約

2.接種当日

医療機関窓口で補助金交付申請書を記入

・医師の診察後、ワクチンの接種を受ける

・補助金額を差し引いた接種費用を支払う

◆持ち物

・印鑑(朱肉使用印)

・健康保険証など本人確認(住所、年齢)ができるもの

身体障害者手帳(満60歳以上65歳未満の対象者に該当する場合)

・生活保護受給証明書(生活保護受給者のみ)

○市の指定医療機関以外で接種する場合   

1.接種を希望する医療機関に直接予約

2.接種当日

・医師の診察後、ワクチンの接種を受ける

・接種費用を支払う(全額)

・ワクチン名等の記載のある領収書を受け取る

3.補助金交付申請

健康増進課にて補助金交付申請をする。

※申請期限は接種を受けた年度の3月31日までです。

◆持ち物

・印鑑(朱肉使用印)

・健康保険証など本人確認ができるもの

・領収書(被接種者氏名、予防接種(ワクチン)名、接種年月日、接種金額、医療機関名、医療機関印のあるもの)

・振込み口座の分かるもの(本人名義に限る)

・身体障害者手帳又は身体障害者手帳1級程度に相当すると医師が認めた証明書(満60歳以上65歳未満の対象者に該当する場合)

・生活保護受給証明書(生活保護受給者のみ)

お問い合わせ先

健康福祉部 健康増進課
電話:0568-85-6168
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。