エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド健康・医療予防接種予防接種 › 予防接種の種類・時期

ここから本文です。

予防接種の種類・時期

更新日 平成28年7月22日ID番号 K20772

予防接種の種類・接種時期

種別 回数 接種間隔 対象年齢 標準的な
接種年齢
接種
方法
四種混合 ※1
(ジフテリア・ 百日せき・ 破傷風・ポリオ)
1期
初回
3回 各回20日以上の間隔で接種 生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満 生後3ヶ月~12ヶ月 個別
1期
追加
1回 1期初回3回を接種後6か月以上あける 1期初回の接種終了後~7歳6ヶ月未満
 
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
2期 1回
 
11・12歳 小学校6年生 個別
麻しん・風しん
混合
麻しん単独
風しん単独

(麻しん:はしか)
(風しん:三日はしか)
1期 1回
 
1歳~2歳未満
 
個別
2期 1回
 
小学校入学年度の前年度(4月~翌年3月まで)
 
(注)2006年6月2日以降、麻しん・風しんの定期予防接種については、基本的に混合ワクチンの接種で行っております。 単独ワクチン接種が必要な方は、お問い合わせください。
日本脳炎 ※2 1期
初回
2回 6日以上の間隔で接種 生後6ヶ月~7歳6ヶ月未満 3歳 個別
1期
追加
1回 1期初回2回目接種終了後6か月以上の間隔をあける 生後6ヶ月~7歳6ヶ月未満 4歳
2期 1回
 
9~13歳未満 小学校4年生

ポリオ

初回 3回 各回20日以上の間隔で接種 生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満 生後3ヶ月~12ヶ月 個別
追加 1回 初回接種終了後から6か月以上あける --- ---
 
子宮頸がん ※3 3回 ワクチンの種類により異なる 小学6年生~高校1年生に相当する年齢 中学1年に相当する年齢 個別
ヒブ ワクチンの種類により異なる

生後2ヶ月から5歳未満

生後2~7ヶ月未満 個別
小児用肺炎球菌 ワクチンの種類により異なる

生後2ヶ月から5歳未満

生後2~7ヶ月未満 個別
水痘 2回 3ヶ月以上の間隔で接種

1~3歳未満

  個別
B型肝炎 ※4 3回 27日以上の間隔で2回接種した後、1回目接種から139日以上の間隔で1回接種

出生から生後1歳未満

生後2~9ヶ月未満 個別
BCG
(結核)
1回   出生から生後1歳未満 生後5~8ヶ月未満 集団

※1 三種混合ワクチンは製造が終了し今後接種が受けられませんので、接種券をお持ちの人は健康増進課にご連絡ください。代わりとなる四種混合ワクチンの接種券を送付します。

※2 3歳、9歳、18歳の誕生月末に接種券を送付しています。

※3 厚生労働省からの勧告により、現在積極的には接種をお勧めしていません。詳細は下記のリンク「子宮頸がんワクチン接種」をご覧ください。

※4 B型肝炎ワクチンが平成28年10月から定期予防接種となります。詳細は下記のリンク「B型肝炎ワクチン定期予防接種について」をご覧ください。

関連情報

お問い合わせ先

健康福祉部 健康増進課
電話:0568-85-6168
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。