エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市政情報まちづくりニュータウン › 自動走行実証実験

ここから本文です。

自動走行実証実験

更新日 平成28年10月17日ID番号 K28091

自動走行実証実験を実施しました!

概要

 10月5日(水)、6日(木)に、高蔵寺ニュータウン内で自動走行のニーズや社会受容性を調査するため自動走行の実証実験を実施しました。

 合計30名の市民モニターの皆さんが参加され、ドライバーがハンドル操作をしない「自動走行」を体験されました。

自動走行車両

 5日(水)には伊藤太春日井市長、大村秀章愛知県知事が試乗され、お二人とも自動走行の技術の進歩に関心された様子でした。

記者会見

 また、参加された市民モニターの皆さんからは、

「人が運転しないことに少しの不安はあるが、将来の高齢化を考えると高蔵寺ニュータウン内への自動走行の実用化に期待したいです。」

「未来に希望が持てました。」

といった前向きな意見を多くいただくことができました。

市民モニターさん乗車の様子

 自動走行は、国が進める先進的な事業の一つであり、報道でもよく取り上げられています。

 今後は、市としても自動走行の実現に向けた調査研究を続けていく予定です。

実施場所

 高齢者福祉施設「どんぐりの森」(高森台5丁目6番地1)からサンマルシェ(中央台1丁目2番地2)までの間を実施場所として走行しました。

実施概要

1 市民モニター1組(2名)、補完運転手、オペレーターが車両に乗車

2 高齢者福祉施設「どんぐりの森」から出発し、到着地点であるサンマルシェに向けて自動走行

3 サンマルシェに到着

4 サンマルシェから高齢者福祉施設「どんぐりの森」へ、全て補完運転手による手動運転で戻る

募集モニター数

合計30名

5日(水)14名:高蔵寺ニュータウン在住者
6日(木)16名:市内在住者

モニター内容

1 事前アンケートの記入

2 無人タクシー疑似体験
  車内で音声認識アプリを使用するなど、無人走行を想定した車内空間の体験をしていただきました。

3 事後アンケート記入、ヒアリング調査

車内の様子

走行実施ルート

走行予定ルート

お問い合わせ先

まちづくり推進部 ニュータウン創生課
電話:0568-85-6048
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。