エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市政情報まちづくり都市交流拠点整備 › JR春日井駅自由通路等整備について

ここから本文です。

JR春日井駅自由通路等整備について

更新日 平成28年11月17日ID番号 K16817

生まれ変わるJR春日井駅

まちを結ぶかけ橋「自由通路」整備へ

中央本線春日井駅は、昭和2年に鳥居松駅として開業(昭和17年改築、昭和21年春日井駅に改称)以来、長きにわたり、春日井市の表玄関として市民の交通を支えてきました。

駅南北地域間交通の円滑化、バリアフリー化のため、平成24年度から「自由通路」や「橋上駅舎」の整備を進めておりましたが、この度、平成28年10月30日(日曜日)の始発より供用開始しました。

自由通路及び橋上駅舎の概要

北より自由通路全景

南より自由通路全景

1 事業費:約55億円
2 事業予定年度:平成23年度から平成29年度
3 特徴
 (1)都市交流拠点にふさわしい新たな核の創出
  ・市の表玄関にふさわしいシンボル性のあるデザインとします。
 (2)自由通路と駅前広場の一体化
  ・自由通路と駅前広場の間に吹き抜けやひさしを設け、周辺の空間を一体化させます。
 (3)ユニバーサルデザイン
  ・エレベーター・エスカレーターや多目的トイレを設置してバリアフリー化するとともに、触知案内板を設け、視覚障がい者の方にも使いやすい自由通路、駅舎にします。
 (4)環境に配慮
  ・自由通路に、省資源化に配慮した太陽光発電と遮熱・採光による節電効果を併せ持つシースルー太陽光パネルを設置して、環境にやさしい空間をつくります。
 

平面概略図

●自由通路
 1.延長 約100メートル(エスカレーター・階段延長含む)
 2.幅員 幅員8メートルから10メートル
 3.構造 鉄骨造
 4.バリアフリー施設 (北口・南口にそれぞれ設置)
  エレベーター1基・エスカレーター上下各1基・多目的トイレ

●橋上駅舎
 1.面積 約1,300平方メートル (通路・階段含む)
 2.構造 鉄骨造
 3.バリアフリー施設  エレベーター2基・エスカレーター上下各2基・多目的トイレ
 

北口2階

北口2階

北口階段から

北口2階

エスカレーター

エスカレーター

エレベーターとリリック

エレベーター と 春日井情報発信センターリリック

ATM

ATM

多目的トイレ

多目的トイレ

公共掲示板

公共掲示板 縦2.8メートル横3.6メートル

展示コーナー

展示コーナー

自由通路

自由通路内観

2階からの風景

2階からの風景

改札口

改札口

JR春日井駅自由通路及び橋上駅舎完成記念式典を開催しました

完成記念式典

完成記念式典

完成記念式典

 JR春日井駅自由通路及び橋上駅舎の供用開始に先立ち、平成28年10月29日に完成記念式典を開催しました。完成記念式典と内覧会には合わせて2800人が集まり、新しい自由通路や橋上駅舎を見学しました。内覧会では、中部中学校の吹奏楽部による駅構内での演奏があり、多くの人が足を止めて見入っていました。また、春日井広報大使でJR春日井駅とも関係が深い漫画家ハロルド作石さんに、完成を記念して「RiN」の番外編として、春日井を舞台にした書下ろし短編を執筆してもらい、限定配布しました。

都市計画説明会を開催しました

 新しいJR春日井駅の自由通路などについて、整備の概要や都市計画などをお知らせするとともに、駅周辺のまちづくりを考える「まちづくりシンポジウム」を、平成23年5月8日に、文化フォーラム春日井・視聴覚ホールで開催しました。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

お問い合わせ先

まちづくり推進部 都市政策課
電話:0568-85-6234
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。