エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム子育てに役立つ情報子ども・母子福祉 › 保育園

ここから本文です。

保育園

更新日 平成29年10月18日ID番号 K11499

 平成29年9月1日(金)から認定こども園で、平成30年度の入園申し込み案内の配布を開始しました(1号、2号、3号認定)。
 認定こども園が第一希望の場合は、各施設で申し込み案内を受け取ってください。受付・面接は、認定こども園が指定する日時で実施します。

 ※平成30年4月開設(予定)の認定こども園
認定こども園「中央大和幼稚園」が新規開設されます。
(中央大和幼稚園と中央大和キッズ保育園(小規模保育園)からの移行。認定こども園中央大和幼稚園が第一希望の場合は、中央大和幼稚園で申し込み案内を受け取ってください。)

保育園・小規模保育園の申込み案内は、平成29年10月13日(金)から配布しています。

給食食材の放射性物質測定などの取り組みについて

臨時職員の登録について

※臨時職員の登録募集中。詳しくは下記をご覧ください。

保育園とは

 保育園は児童福祉法に基づく児童福祉施設の一つです。保護者の就労等の理由により、ご家庭で十分な保育ができない乳幼児を保護者の希望により保育するところです。

保育園の入園要件について

 保育園に入園申し込みできるのは、春日井市に住民登録し実際に春日井市で生活をしている家庭の児童で、児童の保護者のいずれの方も下記に掲げる要件に該当する事由があり、同居の親族その他の方が家庭で児童の保育ができない場合です。
   
・居宅外で労働することを常態としていること。
・居宅内で当該児童と離れて日常の家事以外の労働をすることを常態としていること。
・妊娠中であるか又は出産後間がないこと。
・疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障がいを有していること。
・長期にわたり疾病の状態にある又は精神若しくは身体に障がいを有する同居の親族を常時介護していること。
・震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。

入園の申し込みから結果まで

 希望する保育園が定員を超える等の理由で、希望するお子さん全員が入園することができない場合、選考を行います。
 選考は、ひとり親家庭、産後休暇・育児休業の満了に伴う職場復帰、兄弟姉妹の入園状況等の個別の事情を考慮しながら、保育の必要度の高いお子さんから順番に入園を決定する方法で行います。 

平成30年4月入園を希望する場合

申込書配布

 平成29年10月13日(金)から10月20日(金)(日曜日は除く)の午前9時から午後5時(土曜日は正午まで)に第一希望の保育園で配布します。
 小規模保育園を第一希望とする場合には、希望する小規模保育園または市役所2階保育課で配付します。
 平成30年4月開設(予定)の私立保育園はぐくみ保育園(小野町4丁目地内)、勝川こどものまち保育園(小野町2丁目地内)を第一希望とする場合には、保育課で配付します。

 配布期間終了後も、園と保育課で随時配布します。

受付、面接

1次受付 平成29年12月28日(木)締め切り
【保育園】
 平成29年11月1日(水)から11月17日(金)の間で、園が指定する日時に第1希望の保育園で行います。
【はぐくみ保育園、勝川こどものまち保育園、小規模保育園】
 平成29年11月20日(月)から12月28日(木)(土曜、祝休日を除く)の午前8時半から午後5時に保育課で行います。

2次受付 平成30年2月中旬 締め切り
3次受付 平成30年3月9日(金)締め切り

入園結果通知の送付

入園の承諾・保留については、次の日程で通知書を送付します。

1次受付:平成30年2月中旬
2次受付:平成30年3月初旬
3次受付:平成30年3月下旬

※「保育利用不承諾通知書」は平成29年2月から「保育利用保留通知書」に変更になりました。

5月~3月入園(途中入園)を希望する場合

申込書配布、受付、面接

申込書は、保育園または市役所2階保育課で配布します。
入園希望前月の10日(10日が土曜・日曜日、祝休日の場合はその前日)までに、保育課または第一希望の保育園へ書類を提出してください。同時に面接を行いますので、お子さんと一緒にお越しください。

入園結果通知の送付

入園希望前月の25日頃に、保育課から発送します。

入園承諾通知後の手続き

各自で入園が決定した保育園へ連絡後、訪問してください。

入園申込書の添付資料様式ダウンロード

入園申込書の添付資料様式がダウンロードできます。必要に応じて利用してください。

子ども・子育て支援新制度について

 平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」がスタートしました。
 新制度は、保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本認識のもとに、幼児期の教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進することをめざした制度です。
 くわしくは、国のホームページを参照してください。また、「子ども・子育て支援新制度がはじまります」もご覧ください。

市内の保育園

市内には公立29園、私立27園、計56園の保育園があります。
平成30年4月から、公立29園、私立29園、計58園となる予定です。

保育料

保育料の金額は、それぞれの家庭の市民税額によって決まります。

算定方法
4月から8月分まで 前年度の市民税額により決定
9月分以降 当該年度の市民税額により決定

※公立園と私立園は同じ金額です。

特別な保育等

特別支援保育

心身に発達の遅れがある1~3年保育の児童が、保育園での集団生活をすることにより、成長が促されることを願い実施しています。実施園につきましては下記の保育園一覧を参照してください。

平成29年4月から、貴船保育園が特別支援保育の実施園になりました。

特定保育

特定保育事業は、1週につき2、3日の特定した日時に保育を行う制度です。

一時保育

一時保育事業は、保護者などが一時的・緊急的に保育できなくなった場合に、保育園でお預かりする制度です。

休日保育

休日保育は、保育園が休みとなる日曜、祝日に保護者の就労等により家庭での保育が困難な場合に、市が指定する保育園で保育を実施する制度です。

病後児保育

病後児保育事業は、保育所等に通所中の児童が病気の回復期であり、集団保育の困難な期間において、一時的にその児童をお預かりする制度です。

育児相談

保育園等で子育てに関する相談、助言を行っています。子育てに関して悩んだり、迷ったり、心配な事があったらお気軽にご相談ください。

園庭開放

育児についての不安や悩みの解消と、子どもの成長を応援していくために、園庭やホールを開放します。

子育て支援コミュニティカフェ

未就園児の親子を対象とした、情報交換や交流の場を設けました。
事前の申し込みは不要ですので、親子でお気軽にご参加ください。

子育て支援施設

認可外保育施設

「認可外保育施設」とは、乳児又は幼児を保育することを目的とする施設であり、都道府県知事、政令指定都市の市長又は中核市の市長の認可をうけていない施設を総称したものです。

保育園関連情報

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

お問い合わせ先

青少年子ども部 保育課
電話:0568-85-6202
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。