エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市政情報政策・計画行政計画 › 第五次春日井市総合計画

ここから本文です。

第五次総合計画

更新日 平成29年2月23日ID番号 K9097

次期総合計画を策定しています

 春日井市では、現在の第五次総合計画の期間が平成29年度までとなっており、今後も引き続き、長期的なビジョンに基づくまちづくりを推進するため、平成30年度からの新たな総合計画を策定しています。

第五次総合計画

総合計画とは

 総合計画は、市がめざすまちづくりの目標や、それを実現するための施策などを定めており、本市のまちづくりの指針となるものです。

総合計画の構成

総合計画は、「基本構想」、「基本計画」、「実施計画」の3つで構成します。

総合計画の構成

 基本構想
 都市の将来像「人と地域が輝き、安全安心で躍動する都市」を実現するため、まちづくりの理念とその目標、基本的な方向性を明らかにするものです。

基本計画
 基本構想で定める目標ごとに、基本施策を設定し、個別の施策の体系とその方向性を定めるものです。

実施計画
 基本計画で定められた施策の方向性をもとに、財政状況や社会ニーズを考慮して、具体的に実施する事業を決定する短期計画です。

計画期間

計画期間は、平成20年度を初年度として、平成29年度を目標年次とする10年間です。
基本計画の改定後の期間は、平成25年度から平成29年度までの5年間です。

計画期間

総合計画の特徴

市民の皆さんとともに作成しました

 第五次総合計画は、市民や企業・団体等意識調査の実施、かすがい市民未来会議や地区懇談会の開催などを通して、多くの市民の皆さんとともに計画づくりを行いました。

 成果指標を設定し、計画の目標設定と進行管理を行います

 第五次総合計画では、計画の進捗状況と施策の成果を把握し、市民の皆さんとともにわかりやすい計画の進行管理を行うため、成果指標と目標値(めざそう値)を設定しています。
 成果指標は、市民意識調査により測定される主観的な指標と、事業の実施などによって実現あるいは達成される客観的な指標を設定しました。

詳しい内容については

 第五次総合計画は、市役所情報コーナー、坂下出張所、東部市民センター、各ふれあいセンター、レディヤンかすがい、各公民館、図書館で見ることができます。
 希望される方には、市役所情報コーナーで1冊1000円で販売しています。
 また、次のリンクからダウンロードもできます。

総合計画書のダウンロード

第五次総合計画は、平成20年2月に策定し、平成25年3月に基本計画を改定しました。

策定及び改定経過

策定経過(平成18年度~平成19年度)

改定経過(平成24年度)

市民意識調査

関連情報

お問い合わせ先

企画政策部 企画政策課
電話:0568-85-6031
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。