エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム高齢者いきいきガイド安全・安心 › 見守り

ここから本文です。

見守り

更新日 平成25年12月23日ID番号 K22424

孤立死を防ぐために 地域見守り活動を進めています

春日井市では、全国で発生しており、社会問題となっている孤立死を防止するため、電気、ガス、水道などのライフライン事業者や新聞販売店、住宅供給事業者等と「地域見守り活動に関する協定」を締結し、地域見守り活動を進めています。

ライフライン事業者等には、「春日井市孤立死防止に係る通報ガイドライン」を指針として、業務の中で異常を発見した場合は市に通報をしてもらい、市では社会的孤立世帯に必要なサービスを提供するなど相互に連携をし、孤立死を未然に防ぐための体制を構築しています。

認知症徘徊・見守りネットワーク(かえるネット春日井)

徘徊の恐れのある認知症の方を多くの人の目で見守ることによって、安心・安全な暮らしを確保し、介護する家族の負担の軽減を図る、「かえるネット春日井」を運用しています。

このシステムは、徘徊している認知症の方を速やかに「発見・保護」「身元確認」し、自宅・家族の元等へ帰すため、パソコン及び携帯電話・スマートフォン等のモバイル端末で情報を提供・共有するものです。

子ども応援団「地域のおじさん・おばさん」

子どもたちは社会を映す鏡といわれています。そんな子どもたちは、地域の大人たちの行動や生き方を見て育ちます。子どもの立場に立って気軽に声をかけることは、子どもたちにとって大きな安心感や信頼につながります。

そこで、地域の大人にもっと子どもたちに関心をもってもらうことを目的とした「大人が変われば子どもも変わる」運動を推進するため、子ども応援団「地域のおじさん・おばさん」による自発的な青少年育成活動を展開します。