エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『市葬』(平成18年12月1日)

ここから本文です。

『市葬』(平成18年12月1日)

更新日 平成24年7月2日ID番号 K9332

 去る11月16日、名誉市民鵜飼一郎前市長の「市葬」が、本当に多くの市民の皆様をはじめ、全国から駆けつけてくださった皆様のご参列を賜り、執り行われました。
 16歳で、旧坂下町に奉職され、60年以上にわたる役所生活。真に77年の人生の大半を春日井市に捧げられました。
 私にとっての鵜飼前市長は、平成7年に市議会議員となってから11年、市長と議員という立場ではありましたが、身近に接していただきました。まちづくりへの情熱、物事に対する指導力、先見性、すべてにおいて教えられることばかりでした。
 今年の8月に市長として、国土交通省が関係するセミナーに参加したとき、私にとってはまったく面識のない多くの市長さんや国土交通省の方々から、「鵜飼さんはお元気ですか」「鵜飼前市長には区画整理をはじめ大変お世話になりました」などなどのあいさつをいただき、今更ながら鵜飼前市長の偉大さを、国レベルで実感しました。
 市葬での「ありし日の鵜飼市長」のビデオでは、言葉も行動もそしてあの表情も、この世におられないことが信じられない思いで、ただただ見つめるばかりでした。
 これからは、鵜飼前市長のご功績をいかに発展させるかが、私に課せられた責務だと思います。全力を尽くすことをお約束し、心からご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。