エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『未(ひつじ) 年に思う』(平成27年2月1日)

ここから本文です。

『未(ひつじ) 年に思う』(平成27年2月1日)

更新日 平成27年2月1日ID番号 K24855


 2015年、今年は未年です。ヒツジといえば優しい目、温かそうな毛が目に浮かびます。また寝付けないときに、「ヒツジが一匹、ヒツジが二匹・・・」と頭の中で数えると眠れるといわれています。これは「ヒツジ」の「sheep」が「寝る」の「sleep」に似ているためのようです。このように親しみを感じる動物でもあります。
 未年の過去の出来事を調べてみました。48年前には第三次中東戦争が、24年前には湾岸戦争が勃発しています。また新型肺炎SARS(サーズ)の流行、雲仙普賢岳で火砕流の発生、日本坂トンネルの火災事故も未年でありました。
 一方で60年前には、後楽園ゆうえんちやアメリカではディズニーランドが開園されています。そして今も私たちの身近にある大ヒット商品も、未年に多く生まれています。携帯型ステレオカセットプレーヤー「ウォークマン」や日本初の乳酸菌飲料「カルピス」が発売され、電車の自動改札システムが始まりました。
 ヒツジは群れをつくって集団で行動し、草の表面しか食べずに資源を守る習性があります。ヒツジにはコミュニティの大切さやコミュニティ環境への優しさの原点があるように思います。
 いにしえからの日本の良さを再認識し、新たな産業や商品が生まれ、紛争や自然災害がない未年にしたいものです。

 

お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。