エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『土に親しむ』(平成27年6月1日)

ここから本文です。

『土に親しむ』(平成27年6月1日)

更新日 平成27年6月1日ID番号 K25704


 今年もゴールデンウイークに夏野菜を植えました。ナス、キュウリ、ピーマンにトマトなど。3坪ほどの土地ですが、これから草との戦いが始まります。植えるだけで、水を小まめにやる以外特別なことをするわけではありませんが、自分で育てた新鮮な野菜の収穫は楽しみであります。
 気軽に野菜作りを楽しめる庄内川河川敷の市民菜園や、市内各地にある市民農園も、根強い人気があります。また初めて野菜作りをする方の支援や新たな農業の担い手の育成をするため、JA尾張中央の協力で行っております農業塾も応募者が多数あり、卒業された方にもアドバイザーとなっていただきました。畑を耕し土に親しみ、花や野菜を作ることはブームのようであります。
 今年の新たな取り組みとして、小さなお子さんを持つ家族から高齢の方まで幅広い世代が楽しみ、農への親しみを深めることができる、大型の市民農園についても検討していきたいと考えております。
 環境と人にやさしい春日井市の、大きな流れになればと期待をしております。

 

お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。