エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『スポーツ庁への期待』(平成27年11月1日)

ここから本文です。

『スポーツ庁への期待』(平成27年11月1日)

更新日 平成27年11月1日ID番号 K26873


 私は、スポーツが大好きです。もっぱらテレビ観戦ですが、野球、サッカー、相撲、ゴルフ、テニスなどあらゆるスポーツの放送を楽しみにしています。最近ではラグビーのワールドカップでの日本代表の勇姿に感動させられました。
 10月に発足したスポーツ庁の初代長官になられた鈴木大地さんは「スポーツ庁は広く国民にとって有益でなければならない」「スポーツを社会の発展につなげるべく努力する」と言われております。
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、選手の育成や強化が積極的に行われ、日本選手が活躍してメダルの獲得につながることが今から楽しみであります。また、トップアスリートの育成や指導者への支援とともに、少子高齢化社会を迎えるなか、多くの人がスポーツを楽しめて健康で生きがいのある環境の整備などにも期待しております。
 春日井市は、平成21年度に組織改正を行い文化スポーツ部を創設し、生涯学習や運動を通してコミュニティの醸成や健康増進に力を注いでおります。スポーツ庁の取り組みによって、これまで以上に市内のスポーツが盛んになっていくことを大いに願っております。

 

お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。