エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『オリンピック』(平成20年8月1日)

ここから本文です。

『オリンピック』(平成20年8月1日)

更新日 平成24年7月2日ID番号 K10797

 8月8日から北京で第29回オリンピックが開催されます。
 1896年第1回のアテネでは8競技に14か国、241人が参加されたそうです。以来多くの歴史が刻まれてきましたが、スポーツ好きの私にも数々の思い出があります。子どものころ、ラジオで聞いた水泳の山中選手や体操の小野選手の活躍、大学時代、日独青少年交流の一員としてドイツに滞在中、ミュンヘンで応援した男子バレーボールなど。しかし、何といっても東京オリンピックであります。中学3年の修学旅行でバスの中から見た聖火の美しさ、そして円谷選手の走り、三宅選手の集中力、「なせばなる」東洋の魔女の強さ。のめり込むように応援し、感動したことが思い出されます。
 4年に1度、その瞬間に心・技・体を最高に高めることができ、さらに天の時に恵まれたその結果、世界中のライバルに勝った人(チーム)に金メダルがもたらされます。また、参加することに意義があり、まさに スポーツの祭典であります。日本の選手の活躍、世界の国々から選ばれたアスリートたちの戦う姿の美しさ、発せられる言葉の素晴らしさに注目したいと思っています。
 北京オリンピックでは、春日井で生まれ育った松村亜矢子さんがシンクロナイズドスイミングの日本代表として出場されます。みんなで応援し活躍に期待したいものです。

お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。