エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『組織風土改革プロジェクト』(平成21年5月1日)

ここから本文です。

『組織風土改革プロジェクト』(平成21年5月1日)

更新日 平成24年7月2日ID番号 K12529

 今、市役所内に、組織横断的にテーマを絞って研究・活動するプロジェクトが生まれ育っています。
 平成19年度には、1.職員が市内に出掛けて社会貢献する「ボランティアチーム」、2.職員間の情報交換や話題を提供する「庁内報チーム」、3.市民すべての人が利用しやすい庁舎を考える「庁内バリアフリーチーム」、4.職員が業務上必要な知識と情報を電子マニュアル化する「庁内LANチーム」が生まれました。
 そして平成20年度には、1.施設の維持管理における「技術力確保・継承チーム」、これは、多くの知識や経験を有する職員の大量退職に備えるものであり、人材育成体系の構築にまで踏み込んでくれました。
 さらに、2.救急車の適正利用についての「救急車アプローチチーム」、これは、救急車の利用実態を分析し、救急ガイドブックを作成することにより、救急車を適正に利用していただく環境づくりをしようというものです。
 このほか、3.高齢者人口が増加する中での「高齢者パワー活用チーム」、これは社会のために役立ちたいと考えてみえる多くの熟年の方に、社会参加しやすい情報を提供できるシステムをどのように構築するのかを研究したものです。
 紹介した7チームの中には、現在も活動しているチームもあり、市職員の意識改革に大きく寄与していると思います。
 このように、職員自らが積極的に仕事に取り組む風土ができつつあることに喜びを感じるとともに、今後新たなチームが現れるのを楽しみにしています。

お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。