エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『家庭菜園』(平成21年9月1日)

ここから本文です。

『家庭菜園』(平成21年9月1日)

更新日 平成24年7月2日ID番号 K13763

 家の庭に置いてある植木鉢やプランターから、今年もナスやキュウリ、ピーマン、オクラなどが採れ、食卓を飾ってくれました。また、今年初めて植えたニガウリは、屋根まで伸びて緑のカーテンを作り、夏の日差しを遮ってくれました。
 以前は、少しだけですが畑に野菜を植えていました。市長になり畑仕事をする時間がまったく取れなくなりましたが(畑の草に負けたことのほうが大きな原因です)、やはり自分が育てたナスやキュウリの味は格別であり、また成長を楽しむ喜びも大きいものがあります。
 春日井市には、400区画近くの市民農園があり、多くの方が農業に親しんでみえますが、今年から「農業は始めて」「専門的な知識が欲しい」という市民の方を対象に、新たに学習農園という施策を実施いたしました。応募された25人の方が5人一組となり、先生の指導を受けながら畑仕事に携わる制度です。採れた作物が今年の農業祭に出品されていましたが、その出来栄えに驚きました。
 環境・自然の在り方を見直すことが求められております。土に親しむことを通して、日常生活の中で自然に環境にやさしい行動ができればと思っております。

お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。