エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『蚊帳』(平成22年9月1日)

ここから本文です。

『蚊帳』(平成22年9月1日)

更新日 平成24年7月2日ID番号 K15938


 「蚊」は、本当にしゃくです。ブーンという耳障りな音はもちろん、刺されたあとのかゆみは並大抵のものではありません。特に寝ているとき、大きな物音でも眠りから覚めないのに、不思議と蚊の音には起こされます。蚊取り線香や殺虫剤、また芳香剤などいろいろな対策品がありますが、なかなか決め手はなさそうです。
 子どものころ 夏になると、縁側の窓は開けっ放しで、「中に入るときは立ってはいけないよ」「すぐに潜り込むんだよ」と注意されながら、蚊帳をつって寝ていたことを思い出します。
 いつのころからか蚊帳の存在を忘れてしまいましたが、押入れを掃除したとき蚊帳が出てきました。何十年ぶりに蚊帳をつって寝てみることにしました。それ以来、蚊によって睡眠を邪魔されることはなくなりましたが、熱帯夜や防犯上のため、エアコンをつけ窓を閉めています。
 今年の夏は、特に暑く、世界的な異常気象も 毎年激しくなっているような気がします。そして、市民の皆さんの努力にもかかわらず、犯罪もなかなか減る気配がありません。
 蚊帳を見つめ 懐かしさを感じながら、一方では 今の時代を思う今日このごろです。

お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。