エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『発せられる言葉』(平成23年9月1日)

ここから本文です。

『発せられる言葉』(平成23年9月1日)

更新日 平成24年7月2日ID番号 K17709


 「なでしこジャパン」がサッカー女子ワールドカップで優勝しました。予選リーグからの選手たちのひたむきなプレー、特に先に点を取られても諦めることなく追いつき、世界一となった決勝戦は大きな感動を与えてくれました。
 グラウンドでの選手たちの動きや表情はもちろんですが、「夢は見るものではなく、かなえるもの。」、「自分を信じて、みんなを信じて戦いました。」などと、インタビューに答える選手たちの言葉に魅せられました。
 相撲の世界では、大関魁皇が不滅といわれた千代の富士の最多勝記録1045勝を更新して引退しました。最多勝に並んだときの「長くやらせていただいたおかげ。」という謙虚な言葉、そして引退時の「やっと終わったな、長かったと思う。魁皇としての人生は最高でした。」という言葉。
 多くの感動する素晴らしい言葉がありますが、それらは夢に向かって努力し、全てを出しきった人やチームだからこそ発せられる言葉だと思います。「初めて自分で自分を褒めたいと思います。」という言葉もありました。指導者や仲間、また家族をはじめ多くの人に対する「感謝」の気持が根底にあると思います。
 失言がもとで辞職した大臣もいますが、政治家の空疎で心に響かない言葉に憤りと寂しさを感じるとともに、自分の仕事に全力で取り組むことを心に誓う今日この頃です。


お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。