エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『思いやりの心で交通事故をなくしましょう』(平成25年3月1日)

ここから本文です。

『思いやりの心で交通事故をなくしましょう』(平成25年3月1日)

更新日 平成25年3月1日ID番号 K20578


 市内の交通事故死者数は、一昨年が6人、昨年が10人と増加しています。そして、平成25年は2月13日現在で5人の方が亡くなる憂慮すべき事態となっています。事故の状況は、運転中に電柱にぶつかったことによるもの、歩行者が横断中に跳ねられた追突によるものなどです。
 平成24年の人身事故の件数が、愛知県では4万9651件、前年よりも347件減少したのに対し、残念なことに春日井市では2268件、前年よりも120件増加しました。事故の状況は、追突が約40%を占め、出合い頭や右折左折の場合を合わせると約76%です。
 携帯電話を使用しながら運転している姿を見ることが多くなったように思います。メールをしながらの人もいるでしょう。車の陰からの飛び出しでびっくりすることも多くあり、事故に対する安全意識が不足しているように感じます。
 交通事故は一人一人が気を付ければ「ゼロ」にすることができます。交通ルールを守り、歩行中や自転車に乗るとき、自動車を運転するときも、「お互い様」「思いやりの気持ち」で行動し、交通事故をなくしましょう。


お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。