エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市長の部屋春日井創想(市長のエッセイ集) › 『新社会人』(平成25年5月1日)

ここから本文です。

『新社会人』(平成25年5月1日)

更新日 平成25年7月1日ID番号 K21412


 新年度となり新しい環境での生活が始まり、1か月が過ぎようとしています。
 特に新社会人となられた方は、学生時代とはまったく違う日常生活に戸惑いながらも、会社のため自分のため、研修に仕事に励んでいることと思います。
 今年、入社式の訓示で多くの社長が「挑戦する社員」「変化への対応」「コミュニケーション能力の向上」「世界的な視野」について話したそうです。グローバル社会において閉塞(へいそく)した現状を打破したいという気持ちが出ているように思いました。
 春日井市には今年、101名(病院医療職を除く)の新規職員が入庁しました。私は研修の一環としての講話の中で、市の職員として、政治、経済、社会の動きに関心を持ち、そして「春日井市を愛すること、知ること」「常に積極的に行動すること」「社会人であること、公務員であることに責任を持つこと」が仕事を行う上で大切であると話をしました。仕事をする、業績を伸ばすということは、地方自治体も一般企業も同じであると思います。
 春日井市は今年、市制70周年の記念の年であり、将来に向かって飛躍する契機の年です。これまでの歴史や現在の地域を取り巻く環境、将来の事業の方向性など、仕事をするにあたり学び身に付けることは限りなくあります。
 若者をしっかり育てることの責任を感じるとともに、立派に成長してくれることを願います。

お問い合わせ先

企画政策部 秘書課
電話:0568-85-6016
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。