20歳のピロリ菌検査

ページID 1003139 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷

 ピロリ菌の感染は胃潰瘍・胃炎・胃がんの発生に深く関わりがあると言われています。

 血液検査により、ピロリ菌に感染しているかどうかがわかります。結果が陽性の場合、除菌治療(自費診療)を受けることで、胃がんになるリスクを減らすことができます。

ピロリ菌検査の内容
検査内容 対象者 料金 実施期間

血液検査(ヘリコバクター・ピロリ抗体検査)

20歳の市民

(平成9年4月1日~平成10年3月31日生)

500円 

平成29年4月~平成30年2月
 

注意事項:

  • 受診券は、平成29年4月上旬に発送しました。
  • 指定医療機関に直接予約してください。
  • ピロリ菌検査受診後の除菌については、市の助成はありません。
  • 有効期限は、平成30年2月28日までです。有効期限近くになりますと、指定医療機関が大変混みあいます。早めの受診をお勧めします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課

電話:0568-85-6166
健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。