歯の健康家族コンクール審査結果及び歯科クイズ解答

ページID 1003202 更新日 平成30年6月27日

印刷大きな文字で印刷

歯の健康家族コンクール

日頃から歯と口の健康づくりに努めている、むし歯のない年長児(平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれ)とその保護者を表彰します。 審査は平成30年6月10日(日曜日)に総合保健医療センターで実施しました。

審査結果 ※掲載は申込番号順です。

最優秀賞 78

優秀賞  48、73

優良賞  9、54、77

努力賞  15、19、20 、45、57、60、64、67、90、92

入賞された方は、平成30年9月2日(日曜日)に春日井市総合体育館で実施する「2018健康救急フェスティバル」において表彰します(詳細は郵送にてお知らせします)。

歯科クイズ解答

審査当日に実施したクイズとその解答です。

<親子用クイズ>

Q1 子どもの歯は全部で何本?

 A 18本

 B 20本

 C 28本

正解 B

Q2 歯の表面のエナメル質と同じ硬さのものはどれ?

 A 石

 B 鉄

 C 水晶

正解 C

Q3 フッ化物入り歯みがき粉を使った後のうがいは何回が良い?

 A 1回

 B 3回

 C 5回

正解 A

Q4 1日のうちで、一番むし歯菌が増えやすいのは?

 A 寝ている間

 B 食事をしている間

 C 話をしている間

正解 A

Q5 永久歯の中で一番大きくかむ力の強い歯の名前は?

   A 六歳臼歯

 B 十二歳臼歯

 C 親知らず

正解 A


Q6 むし歯の原因は?

 A 虫

 B ミュータンス菌

 C キシリトール

正解 B

<保護者用クイズ>

Q1 インフォームドコンセント(説明と同意)で最も重要なのはどれか。

 A 患者の決定権を尊重する。

 B 痛みの少ない治療を推奨する。

 C 保険治療の範囲内で説明する。

正解 A

Q2 「自らの健康をコントロールし、改善できるようにするプロセス」を戦略とするのはどれか。

 A ヘルスプロモーション

 B クオリティーオブライフ

 C プライマリーヘルスケア

正解 A

Q3 インフルエンザのかかりやすさに関連すると言われ、歯並びにも影響を及ぼすと言われている悪いくせはどれか。

 A 歯ぎしり

 B 口呼吸

 C うつぶせ寝

正解 B 

Q4 生活習慣病でないのはどれか。

 A 風疹

 B 糖尿病

 C 脳梗塞

正解 A 

Q5 次の方法のうち、実施または使用直後にエナメル質表面に最も多くのフッ化カルシウムが形成されるのはどれか。

 A フッ化物洗口

 B フッ化物歯面塗布

 C フッ化物配合歯磨剤

正解 B

Q6 春日井市が実施している「すこやか歯科健診」で、今年度、新たに追加した対象年齢はどれか。

 A 20歳

 B 40歳

 C 70歳

正解 A

Q7 「カミング30(さんまる)運動」とはどんな運動か。

 A 一口30回噛んで食べることを目標にしよう

 B 一回の食事は、30分を目安にゆっくり噛んで食べよう

 C 30回以上噛む必要がある物を食べよう(ガムや繊維のあるものなど)

正解 A

Q8 第二大臼歯の生え始める時期で最も当てはまるのはどれか。

 A 6歳

 B 9歳

 C 12歳

正解 C

Q9 ヒトが受ける被ばくについて、最も低い値になるのはどれか。  

 A 歯の全体パノラマ撮影10回分

 B 頭部CT撮影1回分

 C 食べ物や空気など自然に受ける1年分

正解 A

Q10 歯の健康教室などでフッ化物歯面塗布薬として使用するのはどれか。

 A 0.8%フッ化水素

 B 2%フッ化ナトリウム

 C 10%フッ化アミン

正解 B

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課

電話:0568-85-6164
健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。