危険ドラッグ ~買わない・使わない・かかわらない~

ページID 1003278 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷

 最近、「危険ドラッグ」による健康被害などが、全国各地で相次いでいます。本市でも、危険ドラッグ使用者による交通死亡事故が発生しています。

 春日井市は、平成26年8月8日、健康で明るく、安心・安全な生活を確立するため、危険ドラッグ追放を宣言いたしました。

 危険ドラッグは、「合法ハーブ」等と称して店舗やインターネット上で販売されています。これらの商品は、覚醒剤、麻薬、大麻など規制薬物の化学構造に似せて作られており、規制薬物と同等の作用を有する成分を含む商品が多く、大変危険です。

 危険ドラッグを使用すると、けいれん、意識障害、呼吸困難などの重篤な健康被害を起こし、最悪の場合は死亡することもあります。また、異常行動を起こして周囲に危害を加えてしまうこともあります。また、危険ドラッグの一度の使用が「薬物依存症」につながり、覚醒剤、麻薬、大麻等の規制薬物乱用の契機となる危険性があります。

 危険ドラッグは、絶対に買わない、使わない、かかわらないでください!

危険ドラッグ啓発チラシ

「危険ドラッグ」についての相談先

「危険ドラッグ」等薬物に関する相談は、一人で悩まず、相談窓口へ御相談ください。

  • 春日井市健康増進課    0568-85-6172
  • 愛知県春日井保健所   0568-34-1699
  • 愛知県精神保健福祉センター   052-962-5377
  • NPO名古屋ダルク(薬物・アルコール依存症回復施設)   052-915-7284
  • NPO愛知家族会   090-7866-6753 

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課

電話:0568-85-6172
健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。