結婚するとき(婚姻届)

ページID 1001877 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷

結婚するときには、戸籍の届出(婚姻届)が必要となります。

戸籍届出の際の本人確認

  • 届出をされるときに、届書を持参された方の本人確認をさせていただきますので、運転免許証、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート等の官公署発行の顔写真付の証明書をお持ちください。(窓口に届書を持ってくるのは代理人でも構いません。)
  • 代理人による届出や、窓口にみえた方が本人確認のできる書類をお持ちでないときは、虚偽の届出防止のため、ご本人宛てに届出があったことの「お知らせ」を送付します。

届出の際に注意していただくこと

届出用紙 市役所及び出張所にあります。(用紙は全国共通です。)
届出効力

届出をした日が婚姻日になります。

届 出 人 結婚する2人(2人の旧姓の署名と押印が必要)
届 出 先 夫になる人又は妻になる人の本籍地又は所在地の市区町村役場

必要なもの

婚姻届1通(証人として成人2人の署名と押印が必要。)
届出人欄に押した印鑑、本籍が市外にある方は戸籍全部事項証明(戸籍謄本)

※ 未成年の方は父母の同意書

(注)婚姻と同時に住所を移すときは、別に転入・転出・転居などの手続きが必要になります。
(注)外国の方との婚姻については、直接市民課までご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 市民課

電話:0568-85-6139
市民生活部 市民課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。