声の広報かすがいボランティア(音訳)

ページID 1006359 更新日 平成30年3月29日

印刷大きな文字で印刷

(活動内容)

声の広報かすがいボランティアは、春日井市内在住の視覚障がい者(1級~6級)のために、春日井市広報広聴課が発行している「広報春日井」から市政情報や行催事等の有益情報を抜粋し、その内容をカセットテープに音訳情報として提供する「声の広報かすがい」を制作しています。

(作業内容) 声の広報かすがいボランティアには、制作担当と録音・編集担当の2種類の担当があります。
  1. 制作担当(記事選択、リライト、音訳、ダビング、発送等)
  2. 録音・編集担当(オーディオ機器を使用し、音訳の録音及びBGMの挿入等)
(活動日) 月2回の広報発行に合わせて指定された日です。
  1. 制作担当…月に1回 (基準日:月曜日、金曜日)
  2. 録音・編集担当…月に2回 (基準日:月曜日、火曜日もしくは水曜日)
※(1)、(2)以外に、全体会議(年1回)、研修会(年2回)等があります。
(活動場所) 春日井市役所内会議室及び録音室
(会員数)

42名 (平成23年1月1日現在)

(内訳)

  1. 制作担当 40名 (女性)
  2. 録音・編集担当 2名 (男性)

活動の様子

活動の様子

(制作担当)
 広報春日井から抜粋された記事を音訳用に書き直し(リライト)、その原稿を読んでいます。

活動の様子

(録音・編集担当)
 音訳している声を録音しています。
  なお、音訳録音には、MDレコーダーを使用しています。

活動の様子

(完成)
 録音・編集担当が、音訳した声にBGM挿入等の編集を行い、その内容を60分カセットテープにまとめ、「声の広報かすがい」が完成します。
 

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課

電話:0568-85-6037
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。