特定個人情報保護評価制度

ページID 1008415 更新日 平成29年12月7日

印刷大きな文字で印刷

特定個人情報保護評価とは

特定個人情報ファイルを保有しようとする又は保有する行政機関等が、個人のプライバシー等の権利・利益に与える影響を予測した上で、特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講じることを評価書にて宣言するものです。

※特定個人情報とはマイナンバーをその内容に含む個人情報。

※特定個人情報ファイルとはマイナンバーをその内容に含む個人情報ファイル又は個人情報データベース等。

特定個人情報保護評価の実施方法

特定個人情報ファイルを取扱う事務ごとに特定個人情報保護評価を実施します。事務における対象人数や特定個人情報ファイルの取扱者数などにより実施すべき評価を決定します。

全項目評価を実施する場合は、評価書を公示して広く住民等の意見を求め、これにより得られた意見を十分考慮した上で必要な見直しを行います。また、その後、春日井市情報公開・個人情報保護審査会にて第三者点検を受けます。

評価書の公表

作成した評価書は、個人情報保護委員会に提出した上で公表します。公表した評価書は、マイナンバー保護評価システムのウェブサイトからご覧いただくことができます。(評価実施機関名に「春日井市」と入力して検索してください。)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 情報システム課

電話:0568-85-6124
総務部 情報システム課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。