私立幼稚園補助

ページID 1009245 更新日 平成29年12月8日

印刷大きな文字で印刷

幼稚園の入園料・保育料等の一部を補助します。

1 就園奨励費補助

 幼稚園教育の振興を図るため、私立幼稚園の設置者が在園する幼児の保護者に対し入園料及び保育料を減免する場合に、その費用を補助しています。

 私立幼稚園に通う幼児の保護者の方で、次に該当する方は通園している幼稚園へ書類を提出してください。

対象となる方

 対象となる方は、次のとおりです。 

  春日井市に住所を有し、私立幼稚園に次の幼児を在園させている方

  • 満3歳児(平成26年4月2日以降生まれで翌年4月を待たずに年度途中から入園する幼児)
  • 3歳児(平成25年4月2日~平成26年4月1日生)
  • 4歳児(平成24年4月2日~平成25年4月1日生)
  • 5歳児(平成23年4月2日~平成24年4月1日生)

補助限度額

 補助限度額は、次の表のとおりです。

  • 市民税所得割額は、幼児と同一世帯に属し、生計を共にしている父母及びそれ以外の扶養義務者のすべて者の所得割額の合計額となります。
  • 住宅借入金等特別税額控除を受けられている場合は、控除前の市民税所得割額が基準となります。
  • 当該年度に納入すべき保育料及び入園料の額が補助限度額に満たない場合は、幼稚園への納入額が補助金額となります。
【表 平成29年度私立幼稚園就園奨励費補助限度額】

区分

補助限度額

1

生活保護法の規定による保護を受けている世帯

308,000円

2

平成29年度市民税の所得割が非課税となる世帯でひとり親世帯、在宅障がい者(児)のいる世帯等(※)

生計を同じくする子どもの中で

(兄姉の年齢制限はありません。)

1人目

308,000円

2人目

308,000円

3人目以降

308,000円

平成29年度市民税の所得割が非課税となる世帯

1人目

272,000円

2人目

308,000円

3人目以降

308,000円

3

平成29年度市民税所得割額が77,100円以下の世帯でひとり親世帯、在宅障がい者(児)のいる世帯等(※)

1人目

272,000円

2人目

308,000円

3人目以降

308,000円

平成29年度市民税所得割額が77,100円以下の世帯

1人目

139,200円

2人目

223,000円

3人目以降

308,000円

4

平成29年度市民税所得割額が211,200円以下の世帯

小学校3年生までの子どもの中で

1人目

 62,200円

2人目

185,000円

3人目以降

308,000円

5

上記区分以外の世帯

1人目

2人目

154,000円

3人目以降

308,000円

※ひとり親世帯、在宅障がい者世帯等について
 平成29年度私立幼稚園就園奨励費補助限度額の区分2、3に該当する方に限り、補助限度額が区分2、3の上段のとおり増額される場合があります。
(算定の例) 「区分3」1人目の場合・・・ひとり親世帯等適用あり  補助限度額272,000円
                     ひとり親世帯等適用なし  補助限度額139,200円
 
適用条件:次のいずれかに該当する必要があります。

  1. 母子及び父子並びに寡婦福祉法に規定する配偶者のいない女子及び男子で現に子どもを扶養している者の属する世帯。
  2. 在宅障がい者(児)のいる世帯。障がい者(児)とは、身体障害者手帳の交付を受けている方、療育手帳の交付を受けている方、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方、特別児童扶養手当の支給対象児、国民年金の障害基礎年金の受給者をいいます。
     

平成29年度変更点

  • 区分2に該当する世帯において、ひとり親世帯、在宅障がい者(児)のいる世帯以外における第2子の補助限度額が増額されました。
  • 区分3に該当する世帯において、ひとり親世帯、在宅障がい者(児)のいる世帯における第1子の補助限度額が増額されました。
  • 区分3に該当する世帯において、、ひとり親世帯、在宅障がい者(児)のいる世帯以外における第1子及び第2子の補助限度額が増額されました。

2 給食費補助

 私立幼稚園に通う幼児の保護者の負担軽減を図るため、私立幼稚園の設置者が在園する幼児の保護者に対し、給食費を減免する場合に、その費用を補助しています。


 私立幼稚園が春日井市在住の在園児分を一括して申請します。

対象となる方

 対象となる方は、春日井市に住所を有し、私立幼稚園に通う幼児を在園させている方

補助額

 年額 6,000円

 途中入退園児については、給食費の支払月数に500円を乗じて得た額とします。

※ 保護者への還元方法については、園によって異なりますので、詳細は通園先の幼稚園でご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

青少年子ども部 保育課

電話:0568-85-6202
青少年子ども部 保育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。