グルッポふじとうで使うテーブルを作ろう(木育ワークショップの開催)

ページID 1012092 更新日 平成30年1月13日

印刷大きな文字で印刷

平成30年4月1日(日曜日)から新たにグルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)が開所します。この施設は、図書館(東部市民センターの図書室が移転)、児童館、コミュニティカフェ、地域包括支援センター、会議室、体育館などが入る複合施設です。

今回、コミュニティカフェにある畳小上がりで利用者の方々が実際に使うテーブル(ちゃぶ台)を講師と一緒に製作していただける方を募集します。

今回募集するのは親子(18歳未満の子どもとその保護者)です。

応募者多数の場合は抽選となりますが、ぜひご応募ください。

WHILL試行様子
約450mm×1400mmのものを2セット(計4台)作成します。

日時・場所・募集内容

【日時・場所】※駐車場有り

 1 平成30年2月10日(土曜日)午前10時~正午 旧西藤山台小学校施設内(藤山台5-8)にて

 2 平成30年2月24日(土曜日)午前10時~正午 旧西藤山台小学校施設内(藤山台5-8)にて

【募集内容】

 1と2の計2回とも参加できる親子(18歳未満の子どもとその保護者)を計15組(30名程度)募集します。

 ※応募者多数の場合は抽選となります。子ども及び保護者の合計人数は3名以上でも構いません。応募者数により組数は調整することがあります。

 参加を希望される親子は、平成30年2月1日(木曜日)までに、はがきかファクス、Eメールに、住所、氏名(親子ともに)、年齢(親子ともに)、電話番号を書いて、

 〒486-8686春日井市ニュータウン創生課(ファクス85-0991、Eメール:nt-sosei@city.kasugai.lg.jp)へご応募ください。

予定作業工程

2つの工程によりテーブルを製作します。親子そろって参加できる工程です。

1 工程1「素材をつくる」 平成30年2月10日(土曜日)午前10時~正午

 テーブルは無垢材の板を数枚合わせていき、大きな1枚の板をつくります。(剝ぎ合わせという技法)

 板はそれぞれ色と木目が違います。違う板を組み合わせることで、オリジナルな板を4枚製作します。

 剝ぎ合わせでは、接合面を均一に木工用ボンドで接合し、ハタガネ(端金)で固定します。

 大工が付き添い剝ぎ合わせを行います。

2 工程2「仕上げる」 平成30年2月24日(土曜日)午前10時~正午

 加工されたテーブル板の面取り、やすり掛けを行います。その後、オイル塗装で仕上げます。

 

これらの工程で、木材に実際に触れることで「木育(森や木との関わりを主体的に考えられる豊かな心の育成)」の要素もあり、完成した時の達成感を参加者で味わうことができます。

自分たちで作ったものがこの施設で使われる喜びをともに感じましょう。

ワークショップの状況は写真で記録し、畳小上がりの横などの壁にパネル展示する予定です。

グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)の情報

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 ニュータウン創生課

電話:0568-85-6048
まちづくり推進部 ニュータウン創生課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。