グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)

ページID 1012347 更新日 平成30年9月14日

印刷大きな文字で印刷

新たに平成30年4月に開所した高蔵寺ニュータウンの多世代交流拠点施設「グルッポふじとう」の情報を発信します。

グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)(指定管理者:高蔵寺まちづくり株式会社)
 住所 春日井市藤山台1-1
 電話 0568-37-4919
 ファクス 0568-92-5791
 メール machi@koz-nt.com

グルッポふじとうニュース

高蔵寺まちづくり株式会社が発行している「グルッポふじとうニュース」。グルッポふじとうの広報誌で、毎月発行されており、グルッポふじとうで開催されるイベントや講座情報等が掲載されています。

ご覧いただき、是非、グルッポふじとうへお越しください。

過去のニュース

4月1日(日曜日)グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)が開所!午前9時~開所記念式典、午前10時~オープニングイベント開催!

グルッポふじとう外観

旧藤山台東小学校施設のリノベーションにより、4月1日(日曜日)にいよいよ『グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)』が開所します。

施設の開所を記念して、関係者を招いての開所記念式典を開催。

どなたでも観覧可能なので、ご興味ある方はぜひお越しください。

 

また、式典後、午前10時から施設がOPEN。

4月1日(日曜日)、2日(月曜日)は、コンサートやマジックショー、ダンスパフォーマンスなど、楽しいオープニングイベントを開催。

コミュニティカフェ「g  café Fujito」ではおいしいコーヒーやランチも楽しめます。

図書館や児童館などでも楽しいイベントを開催。

施設全体で、オープニングを盛り上げます。

施設メインエントランス
赤いパラソルが特徴的な、テラスのあるコミュニティカフェ
コミュニティカフェカウンター
カフェには、おしゃれなカウンターやピザ窯など、以前が小学校施設だったとは思えない空間
地域包括支援センター
色々な方々が相談できる地域包括支援センター
児童館
子どもたちが喜びそうな遊具がたくさんの児童館
図書館
東部市民センター図書室から拡充整備された図書館。広々とし、ゆったりとした空間が広がります。
オープニングイベントチラシ
4/1,2のオープニングイベントチラシです。
2日間にわたって楽しいイベントを展開します!

グルッポふじとうの開所については、リ・ニュータウン通信No.19でも紹介しています。

こちらもご参照ください。

新しく生まれ変わった『グルッポふじとう』

みなさん、ぜひ遊びに来てください。

地域住民サポーター説明会を開催しました

開会あいさつの様子
合計62名の市民の皆さんが参加されました!(グルッポふじとう3階大会議室にて)

 平成30年2月25日(日曜日)午前10時~午後0時30分まで、4月1日(日曜日)のオープン前の準備行為として地域住民サポーター説明会を開催しました。
 参加者は62名と大勢の市民の皆さんが参加されました。参加された皆様、お疲れ様でした。
(当日スケジュール)
 1.開会あいさつ(春日井市より)
 2.施設内見学(3班に分かれて)
 3.地域住民サポーターについての説明(この施設の指定管理者となる高蔵寺まちづくり株式会社より)
 4.講演「物語を紡ぐまち育て」講師 坪井 利和 氏
  (中部大学工学部建築学科非常勤講師、NPOまちの縁側育み隊 副代表理事、小牧市大城児童館 館長)
 5.閉会あいさつ
 

説明
高蔵寺まちづくり株式会社常務の小林氏が地域住民サポーターの説明をしました
講演
坪井氏による講演の様子です。小牧市内等などでの様々な市民協働の事例を分かりやすくお話しされました。
当日の資料は次のとおりです。

(お問い合わせ先)
 春日井市ニュータウン創生課(市役所9階)
  住所:〒486-8686
       春日井市鳥居松町5-44
      電話0568-85-6048
      ファクス0568-85-0991
      メール nt-sosei@city.kasugai.lg.jp

 ※平成30年4月1日(日曜日)以降は、直接グルッポふじとう(〒487-0035藤山台1-1)へ提出、お問い合わせ等をお願いします。

 グルッポふじとう代表電話 0568-37-4919(37:みんな 4919:よくいく)で覚えてください。

『グルッポふじとう』で使う素敵なテーブルをみんなで作りました!!

平成30年4月1日からオープンするグルッポふじとうにコミュニティカフェがあります。
そのカフェにある「えんがわルーム」の畳小上がりで使う素敵な木のテーブルが出来ました。

「木育ワークショップ」に参加していただいた親子と、大工さんなどのプロの講師と一緒に素敵なテーブルを2日間をかけて作り上げました。

【1日目作業 2月10日(土曜日)】

素材を作ります。

木育ワークショップ

<↑色々な種類の無垢材の板を数枚合わせていき、大きな1枚の板を作ります。
 板はそれぞれ色や木目が違います。違う板を組み合わせてオリジナルな板を4枚製作します。>

木育ワークショップ
<↑天板のサイズに切っていきます。上手く目盛りができるかな。>
木育ワークショップ
<↑1枚ずつ丁寧に張り合わせていきます。>
木育ワークショップ
<↑「木育ワークショップ(1日目)」に参加していただいた親子の皆さんと記念撮影です。>

【2日目作業 2月24日(土曜日)】

オイル塗装で仕上げ、畳小上がりに設置します。

木育ワークショップ
<↑2日目は外での作業です。>
木育ワークショップ
<↑加工されたテーブル板の面取り、やすり掛けをします。>
木育ワークショップ
<↑オイルを塗り仕上げます。>
木育ワークショップ
<↑実際の畳小上がりに設置しました。畳にとても似合っています。>
木育ワークショップ
<↑完成したテーブルを置いて畳小上がりで参加者の皆さん達と記念撮影。達成感で素敵な笑顔がいっぱいです。>

木育ワークショップ

今回のワークショップで木材に実際に触れて、木の温かみを初めて感じることができた子供たちもいるのではないでしょうか。「木育(森や木との関わりを主体的に考えられる豊かな心の育成)」という体験で、完成した時の達成感をみんなで味わうこともできました。
また実際に新しい施設『グルッポふじとう』で使われることで、さらに施設への愛着を感じていただきたいです。

大勢の人たちが『グルッポふじとう』に集まり、みんなで作ったテーブルをいつまでも大切に使って欲しいですね。

グルッポふじとうで使うテーブルを作ろう(木育ワークショップの開催)

平成30年4月1日(日曜日)から新たにグルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)が開所します。この施設は、図書館(東部市民センターの図書室が移転)、児童館、コミュニティカフェ、地域包括支援センター、会議室、体育館などが入る複合施設です。

今回、コミュニティカフェにある畳小上がりで利用者の方々が実際に使うテーブル(ちゃぶ台)を講師と一緒に製作していただける方を募集します。

今回募集するのは親子(18歳未満の子どもとその保護者)です。

応募者多数の場合は抽選となりますが、ぜひご応募ください。

木育ワークショップ
約450mm×1400mmのものを2セット(計4台)作成します。

日時・場所・募集内容

【日時・場所】※駐車場有り

1 平成30年2月10日(土曜日)午前10時~正午 旧西藤山台小学校施設内(藤山台5-8)にて

2 平成30年2月24日(土曜日)午前10時~正午 旧西藤山台小学校施設内(藤山台5-8)にて

【募集内容】

1と2の2回とも参加できる親子(18歳未満の子どもとその保護者)を計15組(30名程度)募集します。

※応募者多数の場合は抽選となります。子ども及び保護者の合計人数は3名以上でも構いません。応募者数により組数は調整することがあります。

参加を希望される親子は、平成30年2月1日(木曜日)までに、はがきかファクス、Eメールに、住所、氏名(親子ともに)、年齢(親子ともに)、電話番号を書いて、

〒486-8686春日井市ニュータウン創生課(ファクス85-0991、Eメール:nt-sosei@city.kasugai.lg.jp)へご応募ください。

予定作業工程

2つの工程によりテーブルを製作します。親子そろって参加できる工程です。

1 工程1「素材をつくる」 平成30年2月10日(土曜日)午前10時~正午

テーブルは無垢材の板を数枚合わせていき、大きな1枚の板をつくります。(剝ぎ合わせという技法)

板はそれぞれ色と木目が違います。違う板を組み合わせることで、オリジナルな板を4枚製作します。

剝ぎ合わせでは、接合面を均一に木工用ボンドで接合し、ハタガネ(端金)で固定します。

大工が付き添い剝ぎ合わせを行います。

2 工程2「仕上げる」 平成30年2月24日(土曜日)午前10時~正午

加工されたテーブル板の面取り、やすり掛けを行います。その後、オイル塗装で仕上げます。

 

これらの工程で、木材に実際に触れることで「木育(森や木との関わりを主体的に考えられる豊かな心の育成)」の要素もあり、完成した時の達成感を参加者で味わうことができます。

自分たちで作ったものがこの施設で使われる喜びをともに感じましょう。

ワークショップの状況は写真で記録し、畳小上がりの横などの壁にパネル展示する予定です。

 

グルッポふじとうの会議室、体育館等の利用予約について

平成30年4月1日(日曜日)から新たにグルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)が開所します。この施設は、図書館(東部市民センターの図書室が移転)、児童館、コミュニティカフェ、地域包括支援センター、会議室、体育館などが入る複合施設です。

平成30年2月1日(木曜日)から、会議室、体育館等の利用予約を開始しますので、ぜひご利用ください。

【利用予約の基本事項】

1 原則、利用月の2か月前の1日に抽選会を開催

2 以降の利用予約は、指定する場所(窓口)に直接、または「あいち共同型利用予約システム」にて利用受付

3 あいち共同型利用予約システムによる最新月の利用予約は、毎月10日付近から供用開始

ただし、会議室と体育館(体育の用)のみ

平成30年4月分の利用予約の方法

1 抽選会 平成30年2月1日(木曜日)午前9時~ 東部市民センター 視聴覚室にて

※同日午前8時30分~午前9時の間に参加受付を行いますので、午前9時からの抽選会に参加されたい方は必ず午前8時30分~午前9時の間に参加受付を行ってください。午前9時を過ぎますと、抽選会が終了するまでお待ちいただきます。

【抽選会当日の流れ】

・午前8時30分~午前9時 参加受付(番号札をお渡しします)

・午前9時~ 抽選開始(事前にお渡しした番号札の順に「抽選番号」の札を抽選箱から引いていただきます)

抽選番号1番の番号を引いた方から順に、希望される日時を最大2枠まで予約ができます、3枠目以降の予約は、予約が一回りしてから、同様の抽選番号順で予約が可能です。会議室も体育館も予約したい場合は、同時にその場で最大2枠ずつ予約が可能です。

※1枠の定義

会議室の場合の例 「〇月〇日(〇)午前9時~正午」で1枠

体育館の場合の例 「〇月〇日(〇)午前10時~午後4時」で1枠(一連の連続する利用時間で1枠)

2 以後の利用予約の受付

平成30年3月30日(金曜日)までは、施設が開所していませんので、市役所開庁時(平日午前8時30分~午後5時15分)に市役所9階ニュータウン創生課で受付を行います。※3月31日(土曜日)は市役所閉庁により受付できません。)

施設が開所する同年4月1日(日曜日)からはグルッポふじとう3階管理事務室で受付を行います。

3 あいち共同型利用予約システムによる随時予約の受付(会議室と体育館(体育の用)のみ)

平成30年2月10日(土曜日)からシステム上で空いている日時に予約可能です。システム上で予約完了後、同年3月30日(金曜日)(3月31日(土曜日)は市役所閉庁により受付できません。)までは市役所9階ニュータウン創生課まで、同年4月1日(日曜日)からはグルッポふじとう3階管理事務室へ、書類申請手続きのためお越しください。

平成30年5月分の利用予約の方法

1 抽選会 平成30年3月1日(木曜日)午前9時~ 東部市民センター 視聴覚室にて

※同日午前8時30分~午前9時の間に参加受付を行います。午前9時からの抽選会に参加されたい方は必ず午前8時30分~午前9時の間に参加受付を行ってください。午前9時を過ぎますと、抽選会が終了するまでお待ちいただきます。

【抽選会当日の流れ】

4月分の抽選会と同様です。

2 以後の利用予約の受付

平成30年3月30日(金曜日)までは、施設が開所していませんので、市役所開庁時(平日午前8時30分~午後5時15分)に市役所9階ニュータウン創生課で受付を行います。※3月31日土曜日は市役所閉庁のため受付できません。

施設が開所する同年4月1日(日曜日)からはグルッポふじとう3階管理事務室で受付を行います。

3 あいち共同型利用予約システムによる随時予約の受付(会議室と体育館(体育の用)のみ)

平成30年3月10日(土曜日)からシステム上で空いている日時に予約可能です。システム上で予約完了後、同年3月30日(金曜日)(3月31日土曜日は市役所閉庁のため受付できません。)までは市役所9階ニュータウン創生課まで、同年4月1日(日曜日)からはグルッポふじとう3階管理事務室へ、書類申請手続きのためお越しください。

平成30年6月分の利用予約の方法

1 抽選会 平成30年4月4日(水曜日)午前9時~ グルッポふじとう3階会議室にて

※同日午前8時30分~午前9時の間に参加受付を行います。午前9時からの抽選会に参加されたい方は必ず午前8時30分~午前9時の間に参加受付を行ってください。午前9時を過ぎますと、抽選会が終了するまでお待ちいただきます。

【抽選会当日の流れ】

4月分抽選会と同様です。

2 以後の利用予約の受付

グルッポふじとう3階管理事務室で受付を行います。

3 あいち共同型利用予約システムによる随時予約の受付(会議室と体育館(体育の用)のみ)

平成30年4月10日(火曜日)からシステム上で空いている日時に予約可能です。システム上で予約完了後、グルッポふじとう3階管理事務室へ、書類申請手続きのためお越しください。

利用料金

会議室

部屋名

定員

利用単位

金額

大会議室

60名

午前、午後、夜間それぞれにつき

2,400円

小会議室

18名

午前、午後、夜間それぞれにつき

800円

会議室A

40名

午前、午後、夜間それぞれにつき

1,600円

会議室B

45名

午前、午後、夜間それぞれにつき

1,600円

・「午前」とは午前9時~正午(3時間)、「午後」とは午後1時~午後4時(3時間)、「夜間」とは午後5時~午後8時(3時間)※利用時間の縮小はできません。

・当該利用時間は、準備及び片付け時間を含みます。

・利用時間の延長は1時間につき相当額をいただきます。(例:大会議室の午前利用者が正午~午後1時まで延長する場合、1時間相当額800円をいただきます。)

体育館

【体育の用に供する場合(運動やスポーツを行う場合)】

区分

利用単位

金額

全部利用(全面を利用する場合)

1時間につき

800円

2分の1の面積を利用する場合

1時間につき

400円

4分の1の面積を利用する場合

1時間につき

200円

卓球の場合

1台1時間につき

100円

【体育の用に供しない場合(運動やスポーツ以外(催しや行事など)を行う場合)】

利用単位

金額

1時間につき

5,100円

運動場、広場及び駐車場その他センターの敷地

催しや行事などを行う場合のみ利用予約ができます。

・普段の運動場の利用は、軽運動や遊びのための共有スペースになりますので、団体スポーツ(サッカーや野球など)を目的とした貸出は行っておりません。

・普段の広場、駐車場又はその他センターの敷地の利用は、共有スペースになりますので、利用にあたっては別途調整が必要です。

【催し時にテントなどを設置し、その場所を占用する場合】

区分

利用単位

金額

競技会、展示会、博覧会その他これらに類する催しのため設けられる仮設工作物

1平方メートル1日につき

41円

【催しなどの行為をする場合】

区分

利用単位

金額

募金又は業として写真の撮影を行う場合

1日につき

200円

業として映画の撮影を行う場合

1日につき

2,060円

興行を行う場合

1平方メートル1日につき

77円

展示会その他これに類する催しを行う場合

1平方メートル1日につき

3円

 

各施設の紹介

会議室(グルッポふじとう3階)

 

グルッポふじとう会議室

※4つの会議室の全てに「Wi-Fi(ワイファイ)」設備を完備していますので、インターネット通信を活用した会議などを行うことができます。

体育館(体育の用(運動やスポーツ))

グルッポ体育館

【全面利用】

バスケットボールやバレーボールなど、全面を使用した運動やスポーツが可能です。

【2分の1利用】

バスケットボールやバレーボールなど、2分の1の面積(ABまたはCDでの利用)を使用した運動やスポーツが可能です。

【4分の1利用】

4分の1の面積を使用した運動やスポーツが可能です。

生涯学習活動団体の認定を受けた団体に対する利用料金の減免

市内の各公民館、ふれあいセンター、市民活動支援センター(ささえ愛センター)で生涯学習活動団体として認定された団体が、グルッポふじとうの会議室、体育館、運動場、広場及び駐車場その他センターの敷地を利用料金を支払って利用する場合は、生涯学習活動団体認定証の提示により50%減免となります。

グルッポふじとうの地域住民サポーターの募集に係る説明会について

平成30年4月1日(日曜日)から新たにグルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)が開所します。この施設は、図書館(東部市民センターの図書室が移転)、児童館、コミュニティカフェ、地域包括支援センター、会議室、体育館などが入る複合施設です。

本市では、この施設で地域住民の皆さんに協力者「地域住民サポーター(無償ボランティア)」として個人登録いいただき、市民協働で魅力ある施設運営を行っていきたいと考えています。

今回、本市が考えるこの施設の運営内容や地域住民サポーターの内容の説明を行う「説明会」を開催しますので、その説明会への参加者を募集します。説明会の中では、実際に市民協働の仕組みでご活躍されている方の講演も予定していますので、ぜひご参加ください。

地域サポーター

日時・場所・当日の内容・応募方法

【日時・場所】※駐車場有り

平成30年2月25日(日曜日)午前10時~正午 グルッポふじとう3階大会議室

※大会議室の定員は60名ですので、参加者多数の場合は体育館などの広い場所に変更することがあります。

【当日の内容】

1 施設の内容や地域住民サポーターの内容の説明(30分程度)

2 市民協働に係る事例などに関する講演(外部講師)(1時間程度)

3 施設内見学(30分程度)※当日の施設内は開所に向けた準備作業が各所で行われていますのでご承知おきください。

【応募方法】※市内在住か在勤、在学の方に限ります。

参加を希望される方は、平成30年2月9日(金曜日)までに、はがきかファクス、Eメールに、住所、氏名、年齢、電話番号、市外在住の方は勤務先か学校名とその住所を書いて、

〒486-8686春日井市ニュータウン創生課(ファクス85-0991、Eメール:nt-sosei@city.kasugai.lg.jp)へご応募ください。

※抽選ではありませんので、応募いただいた方全員にご参加いただけます。当日午前9時50分までにグルッポふじとう(藤山台1-1)までお越しください。(応募締め切り後、応募いただいた方への通知は致しません。)

地域住民サポーターの登録について

2月25日(日曜日)の説明会の後、3月中を目途に趣旨にご賛同いただける方(個人)にご登録をいただきます。

詳細は説明会当日にご説明します。※当初は団体の登録は予定しておりません。

地域住民サポーターの活動概要(予定)

地域住民サポーター

施設開所後(平成30年4月1日以降)は、順次、登録いただいた個人それぞれが得意とする分野において、施設の中のあらゆる場所や運営面において協働をいただくことを予定しております。

個人の活動はもとより、登録者皆さんの力を活かした施設のイベントのバックアップをいただくことも考えており、施設の総合運営者(指定管理者)である高蔵寺まちづくり株式会社とともに、一緒に仕組みや形を作り上げていきましょう。

施設周辺案内図

地域住民サポーター

施設の場所は、藤山台中学校や高蔵寺高等学校に隣接しています。

施設の駐車場は、施設敷地内においては、中央部に24台、北側に16台あり、北に約200m離れた場所に90台分あります。

北の90台の駐車場から施設までは新たに整備した歩道があります。

「『暮らしたい街・高蔵寺ニュータウン』多世代活性化事業」第2回中部まちづくりパートナーシップ大賞準グランプリを受賞!!

「中部まちづくりパートナーシップ大賞」とは、NPO法人などの非営利団体がほかの組織
(企業、行政、NPO、学校、大学、町内会、商店街など)と協働して行っているまちづく
り事業を対象として優良な活動に表彰するものです。

今回、平成29年11月27日(月曜日)に行われた『第2回中部まちづくりパートナシップ
大賞』にまちのエキスパネット、Lynx高蔵寺、春日井市ニュータウン創生課の協働事業と
して「暮らしたい街・高蔵寺ニュータウン」多世代活性化事業が選定され、準グランプリを受
賞しました。

 

この活動では、
1.春日井市は、「高蔵寺リ・ニュータウン計画」に基づき、小学校の統廃合で余剰となった旧藤山台東小学校施設を多世代交流拠点施設「高蔵寺まなびと交流センター(グルッポふじとう)」として整備を行っています。
2.NPO法人まちのエキスパネットは、「高蔵寺ニュータウンで人生の最後まで暮らしたい」という想いで、まちの人の流れをつくり、価値ある拠点づくりの仕組みを提案し、グルッポふじとう内の市民交流の中心的役割をもつコミュニティカフェの事業者として選定されました。
3.春日井市、NPO法人まちのエキスパネット、Lynx高蔵寺は、旧校舎を懐かしむ「おもいで大同窓会」を平成29年2月に実施するなど、平成30年4月開所のグルッポふじとうへ思いを繋ぎ、施設で協働し、賑わいや価値を創出していきたいと考えています。

パートナーシップ大賞
↑まちのエキスパネット代表治郎丸さんと春日井市ニュータウン創生課村上主査が事業についてプレゼン
パートナシップ大賞
↑発表者を代表して村上主査が賞状を受領
パートナシップ大賞
↑第2回中部まちづくりパートナーシップ大賞を受賞した皆さんで記念撮影

グランプリ・・・協働が生み出す「女性活躍社会の実現」事業(三重県)
準グランプリ・・・「暮らしたい街・高蔵寺ニュータウン」多世代活性化事業(愛知県)
優秀賞・・・地域で創る新しいタイプのコミュニティスクール事業(三重県)
奨励賞・・・新宮地域おしごと発見隊事業(岐阜県)
滋賀県 みんなでつくる!自慢の「地区防災計画」策定事業(滋賀県)

パートナシップ大賞
↑まちのエキスパネット、ニュータウン創生課の関係者で記念撮影

現在、グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)の開設に向けて整備工事の真っ最中。
この施設を核に、地域の輪をさらに広げ、高蔵寺ニュータウンの魅力をさらに高めていきます。
異なる主体が、高蔵寺ニュータウンの活性化という共通の目標を掲げて協働する。
三者三様、それぞれがそれぞれの強みを活かし、高めあう。
高蔵寺ニュータウンは、これからも多様な主体が協働し、魅力あふれるまちを目指していきます。

高蔵寺まなびと交流センターの愛称が『グルッポふじとう』に決定しました!!

平成30年4月1日に旧藤山台東小学校の改修整備により開所を予定している高蔵寺ニュータウンの多世代交流拠点施設「春日井市高蔵寺まなびと交流センター」が利用者の皆さまに愛されるように施設の愛称を募集しました。

1か月間募集した結果、市内外から合計43件のご応募をいただきました。

これらの応募の中から選考し決定したのは

~『グルッポふじとう』~

イタリア語で「集まり」を意味する「グルッポ」と、広く地域に親しまれていた藤山台東小学校の略称「ふじとう」を合わせました。

この愛称には、「これからこの施設に世代を超えた多くの人が集い、賑わう施設であってほしい」という未来への願いと「藤山台東小学校として多くの子どもたちや地域に愛されていた記憶を後世に残したい」という過去の継承との両方が込められています。

グルッポふじとう
<↑リ・ニュータウン通信No.18>

施設は、平成30年4月1日(日曜日)に開所し、同日開所式が開催されます。

「グルッポふじとう」には、利用者みんなの居場所になる「コミュニティカフェ」、若い方々に本との出会いを提供する「図書館」、乳幼児から高校生まで利用できる「児童館」など、楽しい機能がいっぱいです。

皆さま是非遊びにきてください♪

 

また、東部市民センターの図書室の拡充移転に伴う移転作業が始まります。

これに伴い、平成30年3月19日(月曜日)以降は、東部市民センター図書室は、利用ができなくなります。

移転が完了し、施設が開所する平成30年4月1日(日曜日)からは、『グルッポふじとう』の図書館をご利用ください♪

「まなび」「交流」「居場所」などをコンセプトとする多世代交流拠点施設『高蔵寺まなびと交流センター』の概要がまとまりました!

教育文化の向上を図り、多世代間の市民交流の場を提供するため、「まなび」「交流」「居場所」などをコンセプトとして、平成30年4月に新たに開所する高蔵寺ニュータウンの拠点施設「春日井市高蔵寺まなびと交流センター」の概要がまとまりました。

この施設を拠点に、高蔵寺ニュータウン全体の賑わい創出や若年世代の居住促進など、高蔵寺ニュータウンの魅力をさらに高めていきます!

高蔵寺まなびと交流センター

名称・・・・・春日井市高蔵寺まなびと交流センター(愛称は別途募集予定)
場所・・・・・春日井市藤山台1丁目1番地
敷地面積・・・14,890平方メートル
延べ面積・・・本館3,669.86平方メートル、体育館601.08平方メートル
管理・・・・・指定管理者の指定を予定

高蔵寺まなびと交流センター
↑施設のエントランスイメージ
高蔵寺まなびと交流センター
↑カフェ内観イメージ
高蔵寺まなびと交流センター
↑2階図書室内観イメージ

【構成施設、運営日、運営時間】

本館の構成施設、運営日、運営時間

階層                 構成施設 指定管理 運営日   運営時間   備考
1階 児童館

火曜日~日曜日 午前9時~午後6時  
1階 地域包括支援
センター
  月曜日~金曜日 午前9時~午後5時45分 事業者と
今後調整
1階 コミュニティ
カフェ

火曜日~日曜日 午前8時30分~午後6時 事業者と
今後調整
1階 図書館
(児童図書)

火曜日~日曜日

午前9時~午後6時  
2階 図書館(一般図書、学習室
(グループ・PC利用者))、事務・作業室

火曜日~日曜日 午前9時~午後6時  
3階 図書館(学習室)

火曜日~日曜日 午前9時~午後8時  
3階 会議室

火曜日~日曜日 午前9時~午後8時  
3階 市民活動スペース
(こどもとまちのサポートセンター)
  月曜日~日曜日 月曜日~金曜日
午前9時~午後8時
土曜日・日曜日
午前10時~午後6時
事業者と
今後調整

その他の構成施設、運営日、運営時間

        構成施設      指定管理     運営日       運営時間   備考
体育館

火曜日~日曜日 午前9時~午後9時  
運動場

火曜日~日曜日 午前9時~午後6時  
広場

火曜日~日曜日 午前9時~午後8時  

施設の見どころとしては、やはり施設1階のコミュニティカフェ。

施設の玄関口となり、施設の総合窓口や住民同士のつながりを意識した他機能との連携による施設の「中核機能」を担います。

さらに、高蔵寺まなびと交流センターの施設管理者は、複合機能をコーディネートしながら施設の賑わいを創出し、その賑わいが高蔵寺ニュータウンの魅力となるような施設運営をしていきます。

今後は、新しい施設が利用者の皆様に愛されるよう施設の愛称を公募する予定。

これからも、この新しい施設についてどんどん情報発信します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 ニュータウン創生課

電話:0568-85-6048
まちづくり推進部 ニュータウン創生課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。