エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム施設案内環境・水道施設 › エコメッセ春日井

ここから本文です。

施設案内 エコメッセ春日井

更新日 平成28年9月29日ID番号 K5897

バリアフリー情報表示: 車椅子専用駐車場あり 出入口フラット 自動ドアあり 車椅子常備 障がい者用トイレあり エレベーターあり クリックするとアイコンの説明画面が新規ウィンドウで開きます。

 地球温暖化等、環境問題は深刻です。資源を大量消費し、廃棄物を大量排出させる社会から脱却し、持続的な社会を実現するためには、私たちの生活スタイルを資源循環型に転換することが求められています。
 エコメッセ春日井は環境問題について学び、私たちにできることを考え、行動するための体験学習施設です。さまざまな講座や施設見学、再利用品の展示・販売、リサイクル情報の提供などを通して、だれもが分かりやすく学習・体験できるようになっています。

エコメッセ春日井施設案内

エコメッセ春日井


平面図

屋上広場

  • 開館時間
    午前9時~午後5時(入館は午後4時まで)
  • 休館日
    月曜日(祝休日のときはその翌日)、年末年始 
  • 場所 
    春日井市神屋町1番地2

 

1階には、ごみと環境に関する啓発展示コーナーや作品展示を行う市民プラザ、家具類や自転車を陳列する再利用品展示コーナー、リサイクル工房などがあります。
2階には、体験講座が開催できる体験学習室、3階には大・小研修室と市民ギャラリーなどがあります。

啓発展示コーナー

  • 愛称の由来について
     平成14年10月のリサイクルプラザ開設にあたり、市民から愛称を応募したところ、372人から453点の応募がありました。
     その中から広川雄三さん(町屋町)の「エコメッセ春日井」が選ばれました。
  • エコメッセ春日井の由来
     生活環境(エコロジー、エコロジカル)で発生するごみの削減・抑制にかかわる啓発情報発信(メッセージ:英語)と、展示や見本市(メッセ:ドイツ語)を兼ね備えた常設啓発館として、ごみ処理の先進国であるドイツを意識したものです。

エコメッセ春日井は物を大切にする心を育てます

物はいつかは処分されるもの。しかし、何でも簡単にごみにしてしまってはもったいない!物をできるだけ長く、大切にするという心を育ててもらえるように、エコメッセ春日井では、ごみの減量、資源の有効利用、リサイクルについて、さまざまなことを体験、学習することができます。

いやいや まだまだ使えます

再生家具類と自転車の展示・販売

  • 再生家具類と自転車の展示・販売
     クリーンセンターには、多量の粗大ごみが搬入されてきますが、その中には多少手を加えればまだまだ使えそうな家具類があります。また、保管期限を過ぎた放置自転車も運び込まれてきます。
     エコメッセ春日井では、このような家具類や自転車のうち、再利用できる物をリサイクル工房で修理して、展示スペースに陳列し、抽選・販売します。
    • 販売(抽選)日  奇数月の日曜日 (抽選は午後2時から) 

     ※ 開催日は、次のリンクにてご確認ください。

不用品情報イラスト

 

  • フリーマーケット
     年に3回開催します。出店数は毎回約45グループです。
  • リサイクルプラザ情報
     家庭で不用になった家具や電気製品、雑貨等を無償で希望する人に譲ったり、無償による不用品の譲渡希望について、エコメッセ春日井のリサイクルプラザ情報の案内掲示板で紹介しています。

おもちゃの病院

 

 

  • おもちゃの病院かすがい
    壊れたおもちゃの修理や不用になったおもちゃ(使えるものに限る)の交換も行っています。
    • とき  毎月第2日曜日(受付時間:午前10時~午後2時) 

     ※ 開催日が変更になる場合がありますので、次のリンクにてご確認ください。

ほかにも

  • 余り布や新聞紙、古ネクタイ等の資源の再利用を体験・学習できる講座
  • エコメッセ春日井の情報やごみの減量・エコライフについての知識、工夫などを掲載した情報紙を発刊  
  • 市民ギャラリーで、市民のさまざまなリサイクル作品を展示
  • 施設見学(見学できるのは、町内会、老人クラブ、子ども会などの団体に限ります。)
    など多彩な活動を展開しています。

交通アクセス

地図

お問い合わせ先

環境部 エコメッセ春日井
電話:0568-88-5006
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。