エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド消防・救急救急 › 救命のために必要なこと!

ここから本文です。

救命のために必要なこと!

更新日 平成28年3月31日ID番号 K24291

救急車が救急現場に到着するまで、平均約8分(全国)かかります。

救急車の到着までに「やらなければ」いけないこと

あなたが、バイスタンダー(救急現場に居合わせた人)になった場合

 患者の容体が重篤ならば、救命するために助けを呼ぶ必要があります。

「誰か来て! 人が倒れています!」

と、大声で助けを求めましょう。

1 119番通報する人 2 AEDを取りに行く人 3 心肺蘇生法をする人

 あなたを含めて3人以上の人を集めましょう。

協力者が現れたら

協力依頼

「あなたは119番通報をしてください」

「あなたはAEDを持ってきてください」

と具体的に依頼します。

 そして、あなたはすぐに心肺蘇生法を                                                             

開始してください。

 協力者が戻ってきたら、協力して心肺蘇生法の継続と、AEDがある場合は、AED操作も実施してください。

協力者が現れなかったら

心肺蘇生法

1 まずは自分で119番通報してください。

2 すぐ近くにAEDがある場合は、AEDを取りに行

 ってください。

3 救急隊が到着するまで、心肺蘇生法の継続実施

 をお願いします。

救命活動を円滑に行うために

 救急車が到着し、救急隊員と交代するまで心肺蘇生法を継続する必要があります。心肺蘇

生法は時間経過とともに重労働になります。

 交代要員を確保するためにも、できる限り大声で助けを呼んでください。

応急手当講習会を受講しましょう!

 3人以上の協力者が集まっても、誰も心肺蘇生法を知らなければ救命のための活動が円滑に

は行えません。

 春日井市では、心肺蘇生法やAEDによる応急手当が学べる「応急手当講習会」を開催してい

ます。早期に心肺蘇生法を実施することにより、患者の命を救える可能性が高くなります。

 大切な人の命を守ためにも、「応急手当講習会」を受講しましょう。

 詳しくは、応急手当講習についてのページを参照してください。

お問い合わせ先

消防本部 消防救急課
電話:0568-85-6343
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。