エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド消防・救急救急 › 応急手当普及員講習について

ここから本文です。

応急手当普及員講習について

更新日 平成28年5月26日ID番号 K27554

応急手当普及員の認定について

 応急手当普及員は、各団体(主として事業所又は防災組織等)において従業員又は組織等の構成員に対して、普通救命講習の指導をすることができます。普通救命講習を受講した方には、当市消防長と応急手当普及員連名の終了証を発行することになります。

 応急手当普及員の認定期間は3年間で、認定期間満了日までに応急手当普及員再講習を受講することにより、更に3年間の認定期間延長となります。

 現在、春日井市消防本部では定期講習会は開催していませんが、各団体で5名程度の養成希望があれば随時、講習会を開催いたします。

 応急手当普及員の認定を受けるには、次のカリキュラムを受講する必要があります。

応急手当普及員講習1.(一般の方)

項 目
時間(分)
基礎的な知識技能
基礎知識(講義)
120
540
救命に必要な応急手当の基礎実技
240
その他の応急手当の基礎実技
180
指導要領
基礎医学、資機材の取扱要領、指導技法
300
780
救命に必要な応急手当の指導要領
 心肺蘇生法に関する知識の確認(筆記試験)、
心肺蘇生法の指導に関する実技の評価(実技試験)を含む
360
各種手当の組み合わせ、応用の指導要領
120
効果測定、指導内容に関する質疑への対応
120
合計時間
1,440

応急手当普及員講習2(医療従事者の方)

項 目
時間(分)
指導要領
指導技法
60
救命に必要な応急手当の指導要領
 心肺蘇生法に関する知識の確認(筆記試験)、
 心肺蘇生法の指導に関する実技の評価(実技試験)を含む
180
合計時間
240

応急手当普及員再講習

項 目
時間(分)
救命に必要な応急手当の指導要領
180
合計時間
180

応急手当普及員講習の受講申請について

 応急手当普及員の養成を希望される場合は、消防救急課までご相談ください。講習の日程や講習会場等につきまして調整させていただきます。

 調整が完了しましたら、応急手当普及員講習依頼書の提出をお願いします。

関連情報

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

お問い合わせ先

消防本部 消防救急課
電話:0568-85-6343
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。