エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在位置 : ホーム市民生活ガイド消防・救急消防車両等紹介 › はしご付消防自動車

ここから本文です。

はしご付消防自動車

更新日 平成27年4月1日ID番号 K25530

 春日井市消防本部には、中高層建物等の火災等に備え、はしご車3台と屈折はしご車1台が配備されています。
 はしごの長さは、45メートル級、30メートル級、15メートル級、屈折16メートル級とそれぞれ異なり、発生場所や建物の高さ等に応じて使い分けています。
 車両が大きいため路上駐車された車両が障害となり、現場への到着が遅れる可能性があるのでご理解とご協力をお願いしています。

消防署・31号車(45メートル級)

車両概要

 平成22年度に更新された45m級はしご自動車は、春日井市の中心に位置する消防署に配備されており、はしごの高さは、県内でも有数の高さを誇っています。
 はしご操作時の振動をコンピューター制御によって軽減し、従来のはしご車に比べて迅速・確実なはしご操作が可能となりました。

消防署に配備された31号車の左前方からの写真

消防署に配備された31号車と市役所庁舎写真

車両諸元等

配置場所 消防署
更新日 平成22年8月26日
諸元
全長 10.91メートル
全幅 2.5メートル
全高 3.6メートル
車両総重量 21,510トン
燃料 軽油
エンジン 8.86リットル
乗車定員 6名
特殊装備(装置)
はしご 6連・45.98メートル
起伏角度 -10°から75°まで
最大作業半径 約15メートル
はしご駆動方式 全油圧式
バスケット許容荷重 1,800ニュートン(約180キログラム)
リフター許容荷重 1,800ニュートン(約180キログラム)

 

東出張所・32号車(30メートル級)

車両概要

 平成26年度に更新された30メートル級はしご付消防自動車は、メモリーコントロール機能や自動収納といった「高機能制御」と呼ばれる最新の技術が盛り込まれた車両となっています。
 また、機動性を重視して車両全長を短くしたことに加え、伸縮式アルミ製水管の導入で、これまで以上に現場到着時間の短縮と素早く安定した放水が可能となりました。
 更には、はしごを操作する基部とバスケットには、タッチモニターを装備し,一層見やすく表示された豊富な情報を利活用した活動ができるようになりました。

東に配備された32号車がはしごを伸ばした写真

東に配備された32号車の前面写真

車両諸元等

配置場所 消防署東出張所
更新日 平成26年10月20日
諸元
全長 9.96メートル
全幅 2.49メートル
全高 3.5メートル
車両総重量 16,880トン
燃料 軽油
エンジン 8.86リットル
乗車定員 6名
特殊装備(装置)
はしご 4連・30.6メートル
起伏角度 -10°から75°まで
最大作業半径 約20メートル
はしご駆動方式 全油圧式
バスケット許容荷重 4,000ニュートン(約400キログラム)
リフター許容荷重 1,800ニュートン(約180キログラム)

 

お問い合わせ先

消防本部 消防総務課
電話:0568-85-6380
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。