新型コロナウイルス感染症の予防

ページID 1019477 更新日 令和3年1月5日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症とは

 発熱やのどの痛み、咳が長引くことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
 特に、高齢者や基礎疾患のある方は重症化しやすい傾向にあります。

 新型コロナウイルスは、飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。

新型コロナウイルス感染症を防ぐには

 感染症予防の基本は、「3密回避」「手洗い」「マスク」「換気」です。
 また、これまでのクラスターの分析により、感染リスクが高まる「5つの場面」が明らかになりました。

感染リスクが高まる「5つの場面」


3密回避

手洗い

マスク

 ご家庭でのマスク等の捨て方に注意しましょう

鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみを捨てる際は、「ごみ箱に袋をかぶせる」「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」「袋いっぱいになる前に捨てる」「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけましょう。

換気

接触確認アプリ「COCOA」

 新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができるスマートフォンアプリです。多くの方にご使用いただくほど効果を発揮します。

規則正しい生活をしましょう

 感染症の予防に重要な免疫力は、運動や食事、睡眠によって維持・向上することができます。規則正しい生活を心がけ、免疫力の低下を防ぎましょう。

自宅でできる運動で体を守ろう!

しっかり食べて栄養をつけよう!

お口の清潔を保ちましょう!


PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課

電話:0568-85-6168
健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。